奨学金返還助成の申請方法について

返還助成を受けたい方は、「平成29年度秋田県奨学金返還助成 募集要項」の内容をご確認の上、県人口問題対策課あて、添付資料を添えて、期限までに「助成対象者認定申請書(様式第1号)」を提出してください。
申請の受付は、平成29年4月から開始します。

なお、助成は原則、助成対象者として認定を受けた後の返還部分が対象です。そのため、助成対象者の認定が遅くなるほど、助成の開始も遅くなりますので、要件を満たす方は、お早めに申請を行ってください。

また、「返還助成の対象になるか」から、様式の記載方法、添付資料等については「よくある質問」もご確認ください。

助成対象者認定申請書等の提出先
〒010-8570 秋田市山王4-1-1
移住・定住促進課 県内就職者奨学金返還助成担当 あて
※申請書及び添付資料一式は、郵送又は持参により提出してください。
認定申請を行った後の注意
(1)助成対象者と認定された後は、認定通知に記載されている時期までに、県内での定住・就労、奨学金返還実績の確認できる資料を添えて、助成金の交付申請・請求を行う必要があります。助成対象者との認定により、自動的に助成金が交付されるわけではありません。
(2)次の表のいずれかの事項に該当するときは、添付資料を添えて、「申請者・認定者情報異動等届出書(様式第4号)」を提出する必要があります。届出が行われない場合、助成要件を満たしているかの審査、助成対象の返還部分の確定等に時間を要し、助成金の交付が遅れることがありますので、該当する場合は、速やかに届出を行ってくさい。

提出が必要な書類等一覧

次のいずれかの事項に該当するときは、必要な書類を県に提出してください。
提出がないと、助成が打ち切られたり、助成金の交付が大きく遅れてしまうことがありますので、ご不明な点は、ご面倒でも移住・定住促進課にお問い合わせください。

届出が必要なとき 提出期限 備考
①氏名、②住所、③電話番号、④メールアドレス、⑤助成金振込予定口座に異動が生じるとき 異動が生じた後、速やかに
就職先等情報に異動が生じるとき(離職・廃業、転職するとき) 離職・廃業、転職した後、速やかに 再就職先の情報も記載。また、公務員等に転職するときも提出が必要
秋田県外へ転出する場合
(1)県外事業所等へ異動するとき
(2)長期研修等により一時的に転出するとき
県外転出が決定した後、速やかに (1)県外事業所等への異動のときは、県外事業所等での就労予定期間や秋田への復帰予定年月日等も記載
(2)長期研修等による一時的な転出のときは、職務上受講が必須かどうかを必ず記載
助成対象の奨学金について、返還猶予を受けるとき 助成対象の奨学金について、返還猶予を受けることが決定してから速やかに 返還猶予期間に相当する助成は、猶予が終了し、奨学金返還を開始してから実施
助成対象の奨学金について、返還免除を受けるとき 助成対象の奨学金について、返還免除を受けることが決定してから速やかに 免除に該当する部分は助成対象外
助成対象の奨学金について、返還計画を変更するとき
(1)各年の返還額を増額するとき
(2)各年の返還額を減額するとき
助成対象の奨学金について、返還計画の変更が決定してから速やかに (1)返還額を増額したときも、助成金の上限額は、当初の返還計画に基づき算出
(2)返還額を減額したときは、実際の返還額に基づき助成金を算出(※返還期間が延長されても、助成期間の延長はなし)
助成対象者の認定申請を取り下げるとき、助成対象者の認定を辞退するとき 助成対象者の認定申請を取り下げるとき、または助成対象者の認定を辞退するとき、速やかに
その他、届出が必要と思われるとき 該当する事項が生じた後、速やかに 上記に掲げる事項以外で、県への届出が必要と思われるときに提出

ダウンロード