Company
株式会社ウェブインパクト

ITで適切な経営を実現する会社
大手グルメサイトから業務システム、AI分野まで、最先端のモノづくりに挑戦!

●日本中の「困った」を「便利」に

弊社の創業は1994年。当時、インターネットの可能性に着目した代表の高柳は、企業のインターネット環境を整える代行業やシステム開発事業をスタートし、着実に実績を積み重ねてきました。2006年2月、国内向け検索サイトを開始したCyberSpaceJapan社と、企業向けシフト管理ソフトウェアで実績のあるウェブハット社が合併し、(株)ウェブインパクトとして新たにスタート。現在では、東京本社、豊橋、郡山、宇都宮、五城目(秋田)、中国(蘇州)、クアラルンプール(ノマド拠点)を設けるまでに成長を遂げています。

客先常駐はせずに100%自社内での受託開発をモットーとしている弊社。日本最大級グルメサイト「ぐるなび」の企画提案には1998年から参画し、多数サイトの開発を手掛けています。近年では、明治創業の(株)木村硝子店のECサイトのリニューアルを担当。その他、自社サービスも数多く開発し、「WEB給」、「EZ-Shift」、「desknet's Sync for smartphones」は、業務支援システムとして多くの企業に導入されています。


●ITで業務を最適化する「IT前提経営」

業種業界に関わらず、今やどんなビジネスにもITの力は不可欠。弊社はITの活用を前提として業務の最適化を目指す「IT前提経営」を提唱し、企業のムダを省きコストを下げるサポートを行っています。そうした経営方針は社内にも浸透しており、通勤時間を削減できるノマドワーキング制度の導入、クラウドサービスによる遠隔地の社員同士の連携など、新しい働き方を実現しています。今はまだまだ小さな取り組みですが、ゆくゆくは日本の発展に結び付く可能性を秘めていると私たちは確信しています。


●時間や場所に縛られないワークスタイル

弊社の大きな特徴の一つが「ノマドワーキング制度」。東京オフィスではこの制度を上手に利用して自宅やカフェで作業を行う社員が多くいます。逆に愛知の豊橋オフィスでは、実家から車で通勤する社員が多く、個々の住んでいる場所、担当している案件、スキルによって自分に合った働き方を選ぶことができます。この他にも、海外を旅しながら働くエンジニアたちも在籍。世界中のどこにいても、ネットで会議をしながら社員同士が繋がり、仕事の成果にも結びついています。

産休・育児休暇取得実績有 資格取得支援制度有
業種 情報通信業
事業内容 (1)ウェブシステム開発事業/(2)法人向けクラウドサービスの開発・販売事業/(3)インターネット事業の開発・運営・コンサルティング事業
創立年月日 1994年11月
資本金 3,000万円
従業員数 40名
代表者名 代表取締役社長 高柳寛樹
事業所本社住所 東京都千代田区神田須田町2-2-2 神田須田町ビル10階
事業所県内住所 秋田県南秋田郡五城目町馬場目字蓬内台117-1 五城目町地域活性化支援センター 108号室
事業所県外住所 福島県郡山市富久山町久保田字下河原191-1 福島コトひらく内
沿革 2006年2月 (株)ウェブハット・コミュニケーションズ(WH)とサイバースペース・ジャパン(株)(CSJ)が経営統合 社名を「(株)ウェブインパクト」に変更

2007年8月 給与明細の電子化(ウェブ、携帯、PDF等)を目的としたASPサービス「WEB給」をリリース

2007年11月 (株)インプレスホールディングス(東証一部:9479)に対して第三者割当増資を実施

2008年2月 "Salesforce.com"のカスタマイズ、アプリケーションの開発事業をスタート 同時に『Salesforceプログラミングバイブル』を執筆・インプレスR&D社より発売

2010年10月 デジタルネットワーク技術分野で東京国際映画祭に協力

2010年12月 ネオジャパン(東証一部:3921)が提供するグループウェア「desknet's」とスマートフォンのスケジュールを双方向シンク(同期)する「desknet's Sync for smartphones」を開発・販売開始

2011年2月 彼岸寺(監修)×ウェブインパクト(開発)×hoxaigraphics(デザイン)のコラボによるiPhone用坐禅アプリ「雲堂」(undo)を公開

2012年1月 ノマドワーキング制度導入

2012年5月 NFC対応スマートフォンによりスタンプカードシステム「スマPON」リリース

2014年10月 デジタルインフォメーションボードを開発 東京国際映画祭で採用し来場者への情報配信に活用

2014年11月 アパレルや飲食、スーパーマーケット等の競合店調査アプリ「Astro Blaster for Store Comparison」販売開始

2015年7月 官公庁・公共団体向け補助金・助成金のクラウド型申請管理システムをリリース

2016年5月 IT資産の適正な評価を行う、プロフェッショナルサービスの提供開始 ~M&Aのアドバイザリーファーム、ガーディアン・アドバイザーズと業務提携~

2016年8月 秋田県五城目町に新拠点を設立し、秋田県のICT起業家人材育成支援事業を推進開始

2016年10月 給与明細配信サービス「WEB給」の販売で税理士法人渡邊リーゼンバーグと業務提携

「ノマドワーキング制度」のさらなる活用のために海外で2か所目になる「ノマド拠点」を確保 ~UNLOCK DESIGN社と業務提携~

2016年12月 ソフトバンクロボティクスの人型ロボットPepperの専用アプリ開発、代理店販売を開始

2017年2月 経済産業省公認の「IT導入補助金」業者に認定

2017年3月 代表高柳著『まったく新しい働き方の実践~「IT前提経営」による「地方創成」~』 ハーベスト社より出版

2017年5月 秋田県のICT起業家人材育成支援事業を2年連続で推進

2017年6月 キリロム工科大学(カンボジア)と次世代ソフトウェアエンジニア育成に関するプログラム設立で提携

2017年8月 豊橋三大学学生まちづくりハッカソンへ協賛

2017年9月 BONX初の法人向けサービス「BONX for BUSINESS」におけるSIパートナーとして業務提携

2017年10月 感情認識AI「Emoreader(エモリーダー)」をリリースした株式会社エモスタのSIパートナーとして業務提携

2018年2月 豊橋コア 「豊橋市子育て応援企業」に認定

2018年3月 “1日単位”でITスペシャリティを提供する 新サービス『バーチャル・ラボ』を開始

2018年5月 カンボジアのキリロム工科大学(KIT)との次世代エンジニア教育プログラムで開発された「門番」をリリース

2018年7月 ウェブインパクト、M&A・IT前提経営アドバイザリーのガーディアン・アドバイザーズと「バーチャル・ラボ」サービス、初の業務提携

2018年7月 岩手県陸前高田市の高校生に実施する産学連携「ICT教育プログラム」を立教大学社会学部で今夏より開設
URL
平均年齢 平均34歳
その他の特徴 2019卒学生向けの採用情報は以下「マイナビ2019」URLよりご覧ください。
https://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp95981/outline.html
企業担当者からのメッセージ 五城目コアは2016年8月に開設したばかり。現在社員は1名のみですが、今後、開発・デザインの拠点としてエンジニア、デザイナーを採用・育成できる環境をつくっていきます。そのために必要なのは、やっぱり「ヒト」。事業所の立ち上げ、採用・育成フローの確立、産学官連携の可能性の模索、BABAME BASEを中心とした他業種とのコラボレーション……。真っ白なキャンバスに絵を描いていくようなフェーズから参画したい方、ぜひご応募ください! 五城目コアの見学も随時対応しております。