Company
株式会社 三木設計事務所

インターンシップ検索に戻る

インターンシップ募集

水コンサルタントになろう

  • 本社:秋田市川元松丘町2番14号
  • 通年可(1日~5日間)
  • 2020年03月31日 09:25まで

インターンシップ受入体制

受け入れ区分 1日 2〜5日 6日以上 見学のみ
大学・大学院
高専・短大
各種専門学校
高等学校
既卒求職者

インターンシップ体験の様子

Interview インターンシップ体験インタビュー

秋田大学

教育文化学部3年生

Q

弊社のインターンシップに応募した理由は何ですか?

A

秋田県内には文系学部の学生を受け入れてくれる建築・土木コンサルタントが他になかったため

Q

インターンシップ1日目の感想は?

A

午前は、水道の目的や種類、浄水技術や水質基準などについて教わった。浄水技術に関しては、川や地下水といった採水地や原水の水質によってろ過や消毒などの浄水処理が異なっていることが分かった。水の消毒方法は、法律で残留量が決まっていることや浄水場からそれぞれの蛇口に届くまでに一定量残る必要があることから、最も残留性が高い塩素が使われていることを知った。
午後からの秋田市仁井田浄水場見学では、水をろ過していく過程を見て、午前で学んだことが実際に行われている状況を見学して理解を深めることができた。

インタビュー画像:水コンサルタントになろう
Q

インターンシップ3日目の感想は?

A

北秋田市の米内沢浄水場と能代市の仁井田浄水場を見学した。浄水方法はもちろん、地形や財源によって設備や管理の仕方が異なっていることが分かった。案内してくれた方が、「水道は市民がいる限り続く」と話していたのが印象的だった。水道事業がいかに生活において重要であったかを知り、今後の維持管理のためにアセットマネジメントの必要性を感じた。

Q

インターンシップを振り返っての感想は?

A

今回のインターンシップを通して、主に水についての設備を知ることができた。自らの生活に深く関わる水は、様々な過程を経て届けられることが分かった。また、会社では導管だけでなく、浄水場の建物や機械・電気の設計もしていることに驚いた。実際に何日か会社で過ごしてみて、真摯に仕事に取り組む姿や時間のメリハリなど会社の雰囲気を感じることができた。

Curriculum カリキュラム

インターンシップ期間:令和元年8月26日から令和元年8月30日まで1週間(実働5日間)

1日目 ・オリエンテーション
・会社見学
・業務説明
2日目 ・現場学習(当社設計の浄水場施設見学など)
3日目 ・設計課で事業認可等に用いる資料作成の補助
4日目 ・設計課でCADを操作して作図の補助
5日目 ・プレゼンテーション(インターンシップを振り返る)

Message 企業の方からのメッセージ

採用担当者:代表取締役 草皆 次夫 代表取締役 草皆 次夫

・急激な人口減少社会において水道コンサルタントが何をすべきか一緒に考えましょう

・社会に貢献する水道コンサルタントの技術と魅力を知ってもらうことで、水を仕事にすることを選択肢の一つとして考えてもらたい