Information
株式会社ヤマダフーズ 高橋 真理子さん

 [144KB]

「生まれ育った場所で、地域と支えあいながら働くことの大切さを実感しています」

 納豆・とうふなどの大豆加工食品を製造する食品メーカー「株式会社ヤマダフーズ」。「おはよう納豆」のブランド名で広い世代に親しまれており、東北をはじめ全国に展開しています。ヤマダフーズが誇る数々の商品を生み出す商品開発課の主任として活躍する高橋さんにお話を伺いました。







 [149KB]

Q

高橋さんの就職活動について教えてください。

A

 大学は東京農業大学の国際食科情報学部国際農業開発学科で、「食と農」に関して幅広く学びました。当時は就職情報サイトなどがあまり普及してなくて、とにかく地方の企業情報が少なかったので、秋田のハローワークや市役所のホームページなどを自分で調べて、情報をできる限り集めました。そして、秋田の食品や農業に関わる企業を片っぱしから受けた感じです。そんな中、ヤマダフーズは親戚から情報を提供してもらい、無事に研究職で入社することができました。
 私は大学進学する前から「卒業後は秋田で就職し、地元に貢献したい」という思いがあったので、最初から秋田の企業しか選択しませんでした。でも、首都圏で就活していた周りの友人たちに比べるとかなり出遅れていたので、今思えば首都圏の就職活動も経験しておけばよかったなぁ、と思いますね。たとえ本命ではなかったとしても、場数を踏むことで学べることがあったような気がしています。

 [216KB]

Q

現在の仕事内容を教えてください。

A

 開発本部の商品開発課で、新商品の企画・開発や既存商品の改良を行っています。また、弊社の商品数がかなり多いので、どの商品をどのタイミングでリニューアルするかなどのスケジュール管理や、発売に至るまでの他部署との調整業務も担っています。
 ほかにも市場調査からお客さまやバイヤーなどの声を拾い上げて商品に反映したり、食品に関してのトレンドをリサーチしたりと、業務内容は多岐にわたります。商品開発というと華やかなイメージですが、決してそれだけではなく、部署と部署をつなぐパイプ役のような業務も多いですね。社内全体の業務を円滑に進めるため、常に多方面に細やかな配慮ができるよう心がけています。

 [236KB]

Q

仕事のやりがいを感じるときはどんなときですか?

A

 新商品開発の中で「アイデア出し」というものがあるのですが、ここで自分のアイデアが「いいね!」と言ってもらえたときは素直にうれしいです。最近では「削りこぶし納豆」という新商品のパッケージに私の案が採用されました。自分のアイデアが商品として具現化されていくのを目の当たりにするときは、やはりやりがいを感じますね。
 また、タレやからしを仕入れ先に発注する場合もあるのですが、新商品のイメージに近づけるため、何度も打ち合わせをしながら進めていきます。社外の企業と共同で作業するのは、たくさんの刺激がもらえるのでとても楽しいです。

 [251KB]

Q

職場におけるライフサポートについて教えてください。

A

 女性社員の産休や育休はもちろん、お子さんが3歳になるまでは育児時短勤務制度もあります。さらに、育休後の配属先は、育休前と同じ部署になるよう配慮されているので、働きやすい環境に戻れることもあり、これまでの復職率は100%になっています。
 他にも、会員制割引優待サービスが受けられたり、県内プロスポーツチームのスポンサー企業になっていて、ホームゲームの観戦チケットが無料で配付されることもあります。また、毎年恒例の社員旅行もあるんですよ。今年は新型コロナウイルスの影響で中止になってしまったので、とても残念です。

 [226KB]

Q

プライベートはどのように過ごしていますか?

A

 実家が農家なので、休みの日に家業を手伝ったり、家庭菜園を楽しんだりしています。やっぱり土いじりが好きなんですね。春は山菜取りに行ったりもします!あとは花も大好きなので、お花屋さんのワークショップに参加して、花を使った作品づくりをしたりしてリフレッシュしています。数年前から県南のほうにもカフェが増えてきているので、暇を見つけてはカフェめぐりをしたり、ちょっといいコーヒー豆を買いに行ったりして、地元を満喫しています。

 [142KB]

Q

就職活動を行う学生の皆さんにメッセージ

A

 生まれ育った地域の方々と支えあいながら働けることは大きな喜びですし、私は自分自身の仕事を通して、地域貢献していくことの楽しさと大切さを日々実感しています。
 学生さんの中には、秋田に自分が就職できる企業はあるのか…などと思い悩んでいる方も少なからずいるのではないでしょうか。また、秋田で就活する上で、学んできたことが専門的であればあるほど業種が少なかったり、やりたいことの幅が狭かったりするかもしれません。そういう方は視野を広くして、今から自分で可能性を広げておく意識を持つことも大切だと思います。そして、自分で選んだ道を後悔しないように将来を考えていってほしいですね。




プロフィール

高橋 真理子(たかはし まりこ)

横手市出身。東京農業大学 短期大学部に入学するも、さらなる研究を求めて東京農業大学 国際食料情報学部国際農業開発学科へ編入。2011年、株式会社ヤマダフーズに研究職として入社し、現在は開発本部 商品開発課で主任を務める。

株式会社ヤマダフーズ
〒019-1301
秋田県仙北郡美郷町野荒町字街道の上279番地
https://www.yamadafoods.co.jp/

大学は東京農業大学の国際食科情報学部国際農業開発学科で、「食と農」に関して幅広く学びました。当時は就職情報サイトなどがあまり普及してなくて、とにかく地方の企業情報が少なかったので、秋田のハローワークや市役所のホームページなどを自分で調べて、情報をできる限り集めました。そして、秋田の食品や農業に関わる企業を片っぱしから受けた感じです。そんな中、ヤマダフーズは親戚から情報を提供してもらい、無事に研究職で入社することができました。
私は大学進学する前から「卒業後は秋田で就職し、地元に貢献したい」という思いがあったので、最初から秋田の企業しか選択しませんでした。でも、首都圏で就活していた周りの友人たちに比べるとかなり出遅れていたので、今思えば首都圏の就職活動も経験しておけばよかったなぁ、と思いますね。たとえ本命ではなかったとしても、場数を踏むことで学べることがあったような気がしています。