Company
株式会社プレステージ・インターナショナル 秋田BPOキャンパス

澤田七海さん【入社2年目】、高橋 明日香さん【入社4年目】

Interview インタビュー

「入社2年目の澤田さんは、実業団女子バスケットボールチームにてセンターとして、毎日仕事とバスケの練習に励んでいます。高橋さんは入社4年目。お客様から「ありがとう」の感謝の言葉が嬉しいと笑顔で語ってくれました。そんなお二人にお話を伺いいたします。」

ロードアシスト事業部 澤田七海さん【入社2年目】、高橋 明日香さん【入社4年目】

出身校:【澤田さん】東北学院大学 【高橋さん】帝京大学

女性が働きやすい環境が整っているので長く続けていきたいです
Q

どんな仕事を担当していますか?

A

澤田/お客さまが車で事故や故障などのトラブルにあった時に電話を受けてスタッフを手配するロードサービスを担当しています。私は女子バスケ部に所属しているため、半日仕事、半日バスケの練習をしています。

高橋/車がトラブルに遭った際のレッカー手配をする、ロードサービスの受付業務を行っています。

Q

入社前のことを教えてください。

A

澤田/出身は宮城県仙台市で、大学までずっと地元仙台で過ごし、経済のことを学びながら毎日部活に励んでいました。

高橋/高校時代は部活動に力を入れて取り組んでいました。吹奏楽部に所属しており、コンクールでの上位入賞を目指し部活の仲間と共に日々練習をしていました。

Q

入社を決めた理由は何でしたか?

A

澤田/社会人になってもバスケを続けたい気持ちが強く、大学時代のバスケ部の監督に薦められてプレステージ・インターナショナルのことを知りました。慣れ親しんだ東北で好きなバスケが続けられることに魅力を感じました。

高橋/県外の大学に進学し、秋田以外の土地での生活を経験した事で、慣れ親しんだ地元秋田で働きたいという思いが強くなりました。就職活動をしている中でプレステージ・インターナショナルを知り、地域に根付いた企業である事、女性が長く働ける職場である事に魅力を感じ入社を決めました。

インタビュー画像:澤田七海さん【入社2年目】、高橋 明日香さん【入社4年目】
Q

この会社に入社して良かったことを教えてください。

A

澤田/好きなバスケットと仕事を両立しながらできることです。また社会人としての知識やマナーを一から学べることと、フォローアップ研修やメンター制度など様々なサポートを受けながら仕事に打ち込めることです。

高橋/学生時代に電話対応の経験が無く、車の知識も全く無かったのできちんと業務をこなせるか不安だったのですが、入社後の導入研修、各部署に配属後の部署ごとの研修と、一人で業務が行えるまで研修をしっかり行ってもらえるのが良かったです。

インタビュー画像:澤田七海さん【入社2年目】、高橋 明日香さん【入社4年目】
Q

仕事のやりがいを教えてください。

A

澤田/今はまだ多くの仕事をこなせませんが、少しずつできることが増えていて嬉しく感じます。
お客さまから感謝の言葉をもらった時にこの仕事をしていて良かったと思います。

高橋/私の所属しているロードサービス部署では、トラブルに遭われてお困りの方がご連絡をして来られるので、お客様のご要望を伺いトラブルを解決に導く事にやりがいを感じます。対応したお客様から「ありがとう」や「助かりました」など感謝のお言葉を頂いた時はとても嬉しく感じます。

Q

今後の目標、夢がありましたら教えてください。

A

澤田/仕事では、お客さまに寄り添った電話対応ができるようになりたいです。バスケでは全国トップレベルのチームと互角に戦えるように日々努力していきます。

高橋/秋田は若い世代の流出が多いと近年ニュースや新聞等でよく目にしますが、学生の方々が地元である秋田で働きたいと思えるように、これから就職をする世代の方々が働きやすい企業・社会づくりに貢献していけたらと思います。

Q

これから応募される方にメッセージをお願いします。

A

澤田/福利厚生も充実していて、託児所もあり、女性に働きやすい環境が整っている会社だと思います。困っている人を助ける仕事がしたい方はぜひプレステージ・インターナショナルへ!!

高橋/私自身が数年間県外での生活をして実感したのは、秋田はとても住みやすい場所という事です。自然が豊かで、伝統的なお祭りもたくさんあり、他県から見ても魅力が多い土地だと思っています。これから就職活動をされる学生の方も、秋田の良さを今一度見つめ直し、地元で活躍される方がますます増える事を願っています。

Message 企業の方からのメッセージ

採用担当者:秋田BPOキャンパス <br />
上席執行役員         センター長 中村哲也さん<br />
秋田BPOキャンパス 
上席執行役員         センター長 中村哲也さん

秋田県での雇用創出につながる好循環を目指す

「エンド・ユーザー(消費者)の不便さ、困ったことに耳を傾け、解決に導く」が当社グループの経営理念です。                           
                                                                                    2003年10月に秋田市に進出して以来、会社も大きく飛躍しており、秋田の県民性である「真面目」という気質が確実にクライアント企業の信頼を得ている証拠であります。      
BPO事業(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)と一言で言ってもピンとこないかも知れませんが、クライアント企業の商品へ様々な「付加価値」を提供しております。 当社ではクライアントごと、業態ごと等でチーム編成されており、 多い所ですと130名を超えるメンバーで構成されるチームもあります。                           
ほぼ100%の方が未経験からスタートしていますので、経験の有無は問いません、 困っているお客さまからの電話を受け、サポートする仕事がほとんどですので、“人の役に立ちたい”“困っている人を助けたい”という気持ちがあれば、当社でご活躍いただけます。また、与えられた仕事をこなすだけでなく、様々なことに積極的にチャレンジできる方を評価しております。

また、当社では長く安心して働ける職場環境作りに力を入れております。従業員が長く勤められるように従業員満足度向上を運営の骨子と捉え、リーズナブルな価格でランチを食べられる社内カフェテリアやテクニカルセンター(車の整備工場)、企業内託児所を設けるなど、 一日の大半を過ごす職場だからこそ、快適に過ごせる場所でありたいと考えております。                                     
従業員の7割が女性ですので、女性ならではの意見を取り入れたファシリティや、 女性の管理職登用も積極的に行っております。また、育休取得率は95%、その後の産後復帰率は100%で、移り変わるライフステージの中で仕事とプライベートを両立し活躍されている先輩社員が多数おります。                                   
秋田県には秋田市・横手市・にかほ市にBPO拠点を構えており、秋田から全国へ、そして世界へ高品質なサービスを提供しています。高品質なサービスを継続して提供することによりクライアント企業からの信頼が維持され、秋田県での雇用創出に繋がる好循環を今後も目指します。