Company
ホンダヤマシナ株式会社

Honda Cars秋田西 本荘北店 営業スタッフ 佐々木祐介さん【入社7年目】

Interview インタビュー

「 ホンダヤマシナ株式会社は、主にホンダの新車販売と、各メーカーの中古車販売やメンテナンスを行うカーディーラーです。本荘北店の営業スタッフ・佐々木祐介さんは入社7年目。出身地の大仙市から秋田県立大学がある由利本荘市に来て、職場も同じ町に決めた佐々木さんにお話を伺いました。」

本荘店 営業 Honda Cars秋田西 本荘北店 営業スタッフ 佐々木祐介さん【入社7年目】 【入社2019年目】

出身校:秋田県立大学 本荘キャンパス

今できることを1歩1歩積み重ね、

秋田県でナンバーワンの営業になりたいです。
Q

どんな仕事を担当していますか?

A

入社してから営業一筋です。主にホンダの新車の販売、次に各メーカー中古車の販売をしています。

 車の販売とアフターメンテナンスはセットですから、車検や自動車保険の窓口にもなります。

 営業で大切なのは、まず自分を覚えてもらうこと。営業と言うと飛び込みのイメージがありますが、今は既存のお客さまを訪問するのが主流です。

インタビュー画像:Honda Cars秋田西 本荘北店 営業スタッフ 佐々木祐介さん【入社7年目】
Q

営業の仕事に役立っている経験はありますか?

A

大学では経営システム工学科で、金融や店舗運営を学びました。勉強以外の経験では、小学校からバドミントンを続けてきたことと、飲食店でのアルバイトを大学4年間続けたこと。継続することが自信につながったし、最低限の話し方・マナーなどを身に付けられました。「アルバイトの経験が、社会人生活でそのまま通じるとは限らない」と初めから思っていたので、入社してから戸惑うこともありませんでした。

インタビュー画像:Honda Cars秋田西 本荘北店 営業スタッフ 佐々木祐介さん【入社7年目】
Q

秋田に決めた理由、入社を決めた理由を教えてください。

A

第一に「秋田県で営業の仕事をしたい!」と考えました。県外に出たいとも思いましたが、それ以上に由利本荘に・秋田に貢献したかったんです。最初は、山に囲まれた出身地の大仙と違って、海が近くて年中風が強い由利本荘は好きじゃない、自分には合わないと思っていました。でも4年間暮らすうちに、由利本荘は山も海もあって、自然豊かで四季を感じられると気づきました。遊ぶ所もないと思っていましたが、友達と一緒ならどこでも遊び場になりますね。



 営業を選んだのは「営業マン」と聞いて思い浮かぶスーツ姿がかっこよかったから(笑)。就職活動を始めたばかりの頃は、カーディーラーは考えておらず、大学で学んだ金融系の会社を調べていました。そんな時に合同説明会で、ホンダヤマシナの採用担当者とマンツーマンで話す機会に恵まれたんです。就職活動の相談も親身に聞いてくれて、人のあたたかみに触れたのが入社の決め手でしたね。

 入社してからもスタッフが皆あたたかく、若手を気にかけてくれます。

インタビュー画像:Honda Cars秋田西 本荘北店 営業スタッフ 佐々木祐介さん【入社7年目】
Q

どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

A

お客さまあっての商売です。自分が販売を担当したお客さまが増えれば増えるほど、運転中にお客さまとすれ違うことが増えます。買ってくださった車をお客さまが運転していたり、家族と笑顔で乗っているのを見るとほっこりするんです。それが一番、やりがいを感じる瞬間ですね。

Q

応募者へメッセージをお願いします。

A

ある人に言われた言葉ですが、「自分で自分にフタをしてはいけない」。夢が途絶えてしまいますから。夢に向かって、今できることを1歩1歩積み重ねるのが大切だと思います。

 就職活動で企業側からよく聞かれる質問に、「どの時期一番輝いていましたか」というものがあります。いつも「今が一番輝いています」と言えるような、今の自分に自信を持った活動をしてほしいです。

インタビュー画像:Honda Cars秋田西 本荘北店 営業スタッフ 佐々木祐介さん【入社7年目】

Message 企業の方からのメッセージ

採用担当者:総務部長 海和 勉さん 総務部長 海和 勉さん

従業員一人一人のやる気や気持ちを大切にしています。

 近年、軽自動車の販売台数が増加しています。女性や高齢者が多い軽自動車ユーザーに対応するため、今後は男性はもちろん女性の採用にも力を入れたいと考えています。

「車が好きだからカーディーラーに勤めたい」と思う気持ちは大切ですが、入社したらどうなりたいか、将来を考えなくてはいけません。お客さまの笑顔や「ありがとう」という言葉、自分の家族を幸せにしたいと思う気持ちに支えられて仕事は成り立ちます。

採用にあたって重視するのは体力、コミュニケーション能力、基本的な挨拶です。契約が取れなくて落ち込んだときも、リフレッシュして立ち直り、お客さまに信頼されるスタッフを目指していただきたいです。