Company
出羽青岩アグロ株式会社

【営業本部】小島 夏子(入社2年目)、佐藤 奈央子(入社1年目)【総務経理部】松井 雄太(入社1年目)

Interview インタビュー

「弊社で働く若手社員の声をお届けします!!」

【営業本部】小島 夏子(入社2年目)、佐藤 奈央子(入社1年目)【総務経理部】松井 雄太(入社1年目)

写真中央・小島夏子

 秋田県秋田市出身。秋田県立大学生物資源科学部卒業。休日はドライブや散歩をして過ごす。



写真左・佐藤奈央子

 岩手県釜石市出身。岩手大学農学部卒業。休日はネット動画の鑑賞や、友人と遊んで過ごす。



写真右・松井雄太 

 秋田県羽後町出身。高崎経済大学地域政策学部卒業。休日はひとりカラオケに行くなどして過ごす。

Q

現在、どのような仕事に取り組まれていますか。

A

【小島】
 私は入社時から営業本部に所属しており、今年で2年目になります。現在は主に、肥料や農薬などの商品について勉強するほか、エクセルを使った売上データの集計などをしています。
 今年は、農産物検査員の資格(米などの穀物を検査し等級を付けるための資格)を取るために、講義や研修にも通いました。

【佐藤】
 営業本部に配属されていますが、今は事務作業が多いです。パソコンに伝票の入力を行ったり、商店さんが引き取る商品を準備したりしています。
 また、現場に出るために農薬、肥料について勉強しています。実際に農家の方の田んぼを見る機会があれば、現場に行き水稲の勉強も行っています。会社で勉強のために育てている野菜には毎朝水やりをしています。

【松井】
 総務経理部に所属し、社有車の車検に関する書類の準備や、月初めに各支店がお客様へ郵送する請求書のデータ抽出といった業務を担当しています。

インタビュー画像:【営業本部】小島 夏子(入社2年目)、佐藤 奈央子(入社1年目)【総務経理部】松井 雄太(入社1年目)
Q

自身の学生時代について教えてください。

A

【小島】
 大学では、農業や作物について一通りの講義を受けた後、主に農業政策について研究していました。卒業論文では、当時話題となっていたTPPについて研究しており、毎日、新聞や文献を読んだり、試算を行ったりしていました。
 また、販売員のアルバイトをしており、様々な地域のスーパー等へ出向いて接客販売を行っていました。

【佐藤】
 大学時代は学校が終わったら、アルバイトに行くという生活を送っていました。学校の講義は農業について勉強していて、研究室では昆虫について研究していました。アルバイトではお客様と話す場面が多かったので、そこでお客様と話す楽しさを学びました。

【松井】
 入学当初から、卒業後は秋田のために働くと決めていました。ゼミナールでは農業や農村の実態について理解を深める一方で、卒業論文は横手市増田の内蔵を活用した地域づくりをテーマとして作成し、故郷への思いを改めて強くしました。
 サークルは書道部に所属していました。部会後に食事したり、長期休みには旅行に行ったりして楽しく過ごしましたが、書道の腕は全く上達しませんでした…

インタビュー画像:【営業本部】小島 夏子(入社2年目)、佐藤 奈央子(入社1年目)【総務経理部】松井 雄太(入社1年目)
Q

弊社を就職先に選んだ決め手はなんですか。

A

【小島】
 他企業と比べて弊社が最も大学での勉強を活かせそうだと感じたことや、販売のアルバイトで得た経験を活かせそうであったことから、弊社に興味を持ちました。
 更に、面接や説明会の時に、社内の雰囲気や社員の方々の人柄が伝わってきたことから、安心して就職を決めることができました。

【佐藤】
 農業に関係することと、アルバイトの経験を生かした職業に就きたいと考えていました。当社は秋田県が軸ですが、面接でこれから岩手にももっと当社の事を広めていきたいというお話を聞きました。そこで、岩手出身の私が何か出来るかもしれないという思いと、新しいことに挑戦できるかもと思ったのが決め手です。

【松井】
 秋田で働きたかったということ、そして農業とつながりのある仕事に就きたかったということが理由です。それに加えて、企業説明会の段階から親身になって対応していただき、自分との「距離の近さ」を感じたことも大きな決め手となりました。

インタビュー画像:【営業本部】小島 夏子(入社2年目)、佐藤 奈央子(入社1年目)【総務経理部】松井 雄太(入社1年目)
Q

働く場として弊社が持つ魅力を教えてください。

A

【小島】
 弊社の職場は、分からない事などがあれば何でも訊き易い雰囲気であることが魅力だと思います。私は些細な事でもすぐに誰かに訊いてしまうのですが、いつも親切に答えて頂けますし、困った時には助けて頂いています。
 仕事の事だけでなく、入社したばかりの頃、引っ越しの手続きで分からない事があった際にも親身になって教えてくださいました。

【佐藤】
 皆さん優しくて、一から丁寧に教えて下さるところと、農家の方の力になれる身近な存在になれることだと思います。農家の方が困っている時に的確に答える事ができる営業担当になれればと思っています。

【松井】
 事務所の中では、仕事中とひと休みしているときとの切り替えがしっかりとなされているように思います。仕事中は緊張感が張り詰めているような感じさえしますが、その合間には冗談を言ったりそれを受けて笑ったりということもよくあります。

インタビュー画像:【営業本部】小島 夏子(入社2年目)、佐藤 奈央子(入社1年目)【総務経理部】松井 雄太(入社1年目)
Q

入社後に経験した印象的な出来事はなんですか。

A

【小島】
 お客様からの電話を取った時に、訛りが強くて何を言われているのか一言も聞き取れない事がしょっちゅうありました(私は秋田市出身で、現在勤務しているのは横手市です)。このような事が1年ほど続きましたが、いつの間にか だ い た い 聞き取れるようになっていることに気付いた時は、進歩を感じました。

【佐藤】
 実際に農家さんのところに行って、イネの病気を見たときです。実際に現場で見ると、学校で習ったことや、本で見たことだけでは分からないと思いました。あと、秋田弁が分からないことに気づき、勉強中です!

【松井】
 お客様からの電話をとると、大抵はお客様ご自身のお名前を名乗ってくださるのですが、一度だけ「ほいほーい」という一声から始まった電話があり、さすがに面食らってしまいました。ただ、それくらい気軽に電話しやすい関係を築いている証しだと思います。

インタビュー画像:【営業本部】小島 夏子(入社2年目)、佐藤 奈央子(入社1年目)【総務経理部】松井 雄太(入社1年目)
Q

自身の将来像をどのように考えていますか。

A

【小島】
 将来どのような業務を担いたいかという事について、私は何でもやってみたいと思ってしまうので、今のところ具体的には絞れずにいます。ただ、今自分にできることは全力で取り組み、どんな事でも引き受けられるよう成長しておきたいと思っています。

【佐藤】
 岩手の方にももっと当社の商品を知ってもらい、より良い農業をしてもらうことが私の夢です。そのためにも知識を身につけ、様々な経験を積んでいきたいと思います。農業をする多くの方々に対して、役に立てるように日々努力していきます。 

【松井】
 営業の方が、心置きなく営業活動に取り組めるように後押しできる存在を目指しています。総務経理部としての仕事はもちろん、営業がどのような仕事をしているのかも理解していきながら、幅広い分野の業務がこなせるようになりたいです。
 ほぼ同期の2人と協力し合いながら、毎日成長していきたいと思います。

インタビュー画像:【営業本部】小島 夏子(入社2年目)、佐藤 奈央子(入社1年目)【総務経理部】松井 雄太(入社1年目)
Q

弊社に応募を検討されている方へ一言お願いします。

A

【小島】
 就職先を決める上で、自身の生活を預けることになる職場を実際に見ることもとても大切だと思います。農業に興味がある方は、ぜひ弊社へも来て頂きたいです。
 農業のこと、パソコンのことなど、私に答えられることであれば何でもお教えします。

【佐藤】
 私自身学校で習ったことだけでは、分からないことが多くあります。だから、「農業の勉強をしていなかったからこの会社はちょっと...」と思わず、少しでも興味を持ったらぜひ受けて頂きたいです。就職活動は大変だと思いますが、応援しています!

【松井】
 「学生優位」とも言われる今だからこそ、自分の興味だけでなく、能力や性格などもよく検討し、視野を広く持って就職活動を進めてほしいと思います。
 弊社は「大きい会社」とはとても言えませんが、実に幅広い仕事に取り組むことができます。秋田で働きたい方、農業に関心のある方…様々なバックグラウンドを持った方々の応募をお待ちしております。

Message 企業の方からのメッセージ

採用担当者:営業本部長 佐藤 祐一 営業本部長 佐藤 祐一

私たちと一緒に働いてみませんか?

 出羽青岩アグロ株式会社は、肥料メーカーであるサンアグロ株式会社グループの一員として、肥料・農薬・農業用資材を秋田県内6か所と青森県弘前市、岩手県二戸市の合計8か所の支店・店舗を拠点としております。

 秋田県(北東北)に限らず、全国的に農業従事者の高齢化や後継者不足など農業を取り巻く環境は厳しい状況にありますが、政府は農業を成長戦略分野とし所得向上・輸出拡大など進めております。

 こうした状況の下、出羽青岩アグロ株式会社は、「優れた商品と技術・情報提供により地域農業に寄与する」を企業理念とし、商品を販売するだけではなく、施肥・防除・栽培などの情報を提供する事、また農家の皆様が生産した農産物(主にお米)を買い上げ全国に販売する事で、お客様・仕入先のメーカーや商社・金融機関・地域に信頼される企業を目指しております。

 ・地域農業の発展を通じ地域に貢献したい方
 ・環境の変化に対応できる前向きな方

 私たちと一緒に働いてみませんか?