Company
秋田県警察

秋田県民の、平和な日常を守る。

秋田を守る決意を胸に。
全ての警察官が、秋田県民の平和な日常を守るため、日夜を問わず治安の維持に奮闘しています。警察官の仕事は、決して華やかなものだけではなく、地道で厳しく、時には犠牲を伴うこともありますが、達成感とやりがいがある誇り高い職業です。
秋田県警察は、約2,300人が勤務する組織であり、仕事内容は多彩で、活躍の場も大きく広がっています。
また、秋田県警察では、女性警察官の採用・登用拡大に力を入れるとともに、女性が働きやすい環境作りの推進に努めています。

業種 その他
事業内容 警察の業務は、地域住民の相談をはじめ、悪質・凶悪化、ハイテク化、国際化するあらゆる犯罪の捜査、飲酒運転の取締りや交通事故の抑止、地域の安全・安心まちづくり支援活動、要人警護、災害時の救助活動など多岐にわたり、様々な面から郷土の治安を守り、県民生活を支えています。
代表者名 秋田県警察本部長  森末 治
事業所本社住所 秋田県秋田市山王4丁目1番5号(警察本部所在地)
URL
その他の特徴 警察官として採用されると、全員が警察学校へ入校します。期間は、警察官A(大卒)は6か月、警察官B(大卒以外)は10か月となっています。

 「公正明朗」「不撓不屈」「自律自考」の校訓の下、全寮制の規則正しい生活を送りながら、警察官に必要な知識、技能、体力、そして、精神力を身に付けます。教場での講義のほか、柔道・剣道や逮捕術の訓練など様々な授業が行われます。

 秋田県民の安全と安心のために働くと決めた同じ道を目指す同期の仲間とともに切磋琢磨しながら、誇りと使命感を養い、警察官への道を歩んでいきます。

 警察学校初任科を卒業後は、全員が警察署の地域課に配属され、交番などで勤務します。地域住民の方と接しながら、様々な事案に対応することで現場の仕事を学びます。その後、本人の能力や実績、希望、適性、熱意などを考慮し、刑事や白バイ隊員などの専門分野に進む機会が与えられ、活躍のフィールドが更に広がります。