株式会社UMNファーマ

日本発の新型コロナワクチンは秋田から

当社は2004年4月に設立されたバイオ医薬品の研究開発・製造事業会社です。社名のUMNはUnmet Medical Needs(未充足医療領域)を表す略語で、UMNの医薬品開発により社会に貢献するという当社の創業理念が込められております。

昆虫細胞(BEVS)を用いた組み換えタンパク技術により、2006年以降、組み換えインフルエンザHAワクチンの開発を行ってきました。2012年には東証マザーズに上場し次世代バイオ医薬品開発ベンチャー企業として開発に従事して参りましたが、2020年3月に塩野義製薬の100%子会社となり、現在では同社の感染症事業戦略の予防ワクチン分野を担う要のひとつとして新たな発展の段階にあります。尚、現在は純国産の新型コロナワクチンの承認取得と供給に向けて鋭意取り組んでおります。

 

  • 有休取得率高
  • 平均残業時間20時間以内
  • 産休・育児休暇取得実績有
業種 製造業
事業内容 バイオ医薬品の研究、開発、製造、販売
電話番号 045-595-9840
FAX番号 045-595-9845
創立年月日 2004年4月20日
資本金 9000万円
従業員数 60人
売上高 非公開
代表者名 形山和史
事業所本社住所 秋田県秋田市御所野湯本4-2-3
事業所県内住所 秋田県秋田市御所野湯本4-2-3
事業所県外住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-30 8F
沿革 2004年4月 設立
2006年8月~ 組換えインフルエンザHAワクチン開発(~2017年1月)
2010年12月 横浜研究所稼動
2011年3月 秋田工場竣工
2012年12月 東証マザーズ上場
2017年10月  塩野義製薬株式会社と資本業務提携
2020年3月   塩野義製薬の完全子会社に
URL
平均年齢 36歳
その他の特徴 塩野義製薬の100%子会社です。
企業担当者からのメッセージ 秋田発のバイオベンチャーとして、東証マザーズ上場を経て、現在では感染症に強みを有する塩野義製薬の感染症事業戦略の要のひとつとして、新型コロナワクチンの開発に全力で取り組んでいます。
新卒の本格採用は2020年から開始しましたが、入社した新卒社員全員が秋田県内の大学院、大学の出身者であり、既存の社員もほぼ全員が秋田県出身者です。秋田が誇るべき最先端のバイオ医薬企業で、是非キャリアップにチャレンジして下さい。お待ちしています。

お問い合わせ

こちらのプライバシーポリシーにご同意頂いた上で下記フォームにご入力して頂き、 「この内容で送信する」ボタンを押してください。