Company
秋田ダイハツ販売株式会社

仁井田店 直販スタッフ 松渕美慧(みさと)さん【入社6年目】

Interview インタビュー

「 13年連続で秋田県内軽自動車販売台数1位を獲得している秋田ダイハツ販売株式会社。仁井田店で直販スタッフとして働いている松渕さんは、入社6年目。生まれも育ちも秋田、就職も地元を離れることなく秋田を選びました。」

仁井田店 直販スタッフ 松渕美慧(みさと)さん【入社6年目】

日々の元気の源は、お客様からの『ありがとう』。

これからも販売の仕事を続けていきたい。
Q

入社したきっかけと、仕事内容を教えてください。

A

学生時にシューズケアのアルバイトをしていました。接客から発注までを行う仕事で、そのときに「販売って面白いな」と感じたんです。就職活動ではカーディーラーにこだわらず、販売の仕事を希望しました。地元での就職を選んだ理由は、秋田市内で暮らす親を一人にしたくなかったから。秋田ダイハツは全国転勤がなく県内の異動で済みますので、実家で母と一緒に暮らせることが大きな決め手となりました。

 直販スタッフの仕事内容は、お客様のお宅を訪問しながらの営業・販売活動と、店舗でのアフターフォローです。入社直後の配属先は八橋店のショールームスタッフでしたが、その後、仁井田店へ異動となり、フロント業務を手伝いながら訪問活動をしています。顧客数が3倍に増えたのでフォローには苦戦していますね。

インタビュー画像:仁井田店 直販スタッフ 松渕美慧(みさと)さん【入社6年目】
Q

実際に働いてみていかがですか。

A

スタッフ同士仲が良く、共に相談し合える働きやすい職場です。入社したばかりの頃は先輩に注意されて落ち込むこともありましたが、ある時、それも愛情だと気付きました。それからは感謝の気持ちを忘れないようにしています。

 やりがいを感じるのは、お客様から「ご苦労様」「いつもありがとう」と言ってもらえたとき。今はまだ業務に追われる毎日で気持ちに余裕がありませんが、こうして声を掛けていただけるとうれしくなり、「よし、また頑張ろう」とやる気が湧いてきます。

インタビュー画像:仁井田店 直販スタッフ 松渕美慧(みさと)さん【入社6年目】
Q

日々の業務の中で気をつけていることはありますか。

A

直販スタッフはお客様と直接関わる仕事なので、自分一人の行動が店舗全体のイメージを決定づけてしまいます。ちょっとした会話や行動で印象が変わってきますので、お客様ひとり一人の声をしっかりと聞きながら対応しています。

 また、車は売るときよりも売った後の方が大事です。何かトラブルが起きた際に、整備スタッフなど他部署との連携が取れていなければいけません。自分一人で仕事をしているわけではないので、チームワークが大事だなと感じています。日頃のコミュニケーションが、スタッフ同士の信頼関係に繋がりますね。

インタビュー画像:仁井田店 直販スタッフ 松渕美慧(みさと)さん【入社6年目】
Q

将来の目標や夢を教えてください。

A

秋田ダイハツは、頑張ったら頑張った分評価してくれる会社。営業の優秀賞を獲りたいです。

 消費税率のアップなどで車が売れない時期もありますが、「不景気知らずだね」と言われるくらいどんどん売っていきたいです。

インタビュー画像:仁井田店 直販スタッフ 松渕美慧(みさと)さん【入社6年目】

Message 企業の方からのメッセージ

採用担当者:総務部 人事課 課長 大原耕作さん 総務部 人事課 課長 大原耕作さん

地元・秋田で働きたい人、積極採用中!

相手の気持ちを考えて行動できる方のご応募をお待ちしています。

 スタッフ同士の仲が良く、和気あいあいとした雰囲気の会社です。個人ではなく店舗ごとに目標が与えられているので、「一人では無理でも皆で達成しよう」という一体感、チームワークが生まれています。

 求める人材は、コミュニケーション能力のある人。ただし会話能力ではなく、お客様の気持ちになって行動できること、つまり「相手を察する」力が重要だと考えています。入社後は、研修制度や資格取得支援制度が充実していますのでご安心ください。まずは一度会社の様子を見に来てください。さまざまな企業を見て、その中で自分に合った企業を選んでくださいね。

 秋田は四季がはっきりしていて、人もあったかい。お祭りやイベントも多く、私は横手の「たらいこぎ競争」に出場した事もあります。全国的に有名な竿燈祭りは、大きな竿燈が立つ瞬間が感動的。ぜひこの素晴らしい地で一緒に仕事しましょう。