並木精密宝石株式会社 秋田工場

並木精密宝石株式会社 秋田工場

並木はコア技術(切る・削る・磨く)に先端技術を融合させ、
ライフスタイルのドメインを変えるキーパーツを作り続けます。

並木グループは、2017年で創業78年を迎えることが出来ました。第二次世界大戦勃発が迫り来るなか、いち早く軍用航空機の時代を見越し、工業用宝石加工を原点に、航空機用計器の軸受宝石製造の会社として創業以来、並木グループは常に時代の先端で生きてきました。技術の変遷の早い先端技術分野においてメーカーとして生き残ることは並大抵のことではありません。技術が変わると、製品はあっという間にその姿を変え、多くのメーカーがその変化に追従できずに消えていきます。

並木グループは、時代を先取りした技術ロードマップを見据え、宝石加工で培った固有技術に先端技術を融合させ、数々の製品を開発してきました。創業以来、工業用宝石を基幹事業にしていますが、その製品群は創業時のものは全くありません。

並木グループは創業100周年を目指しています。30年後、新入社員の皆さんが、まさに働き盛りで、幹部社員として会社の業績を担って活躍している姿が浮かんできます。並木グループは、常に社員と会社が一体になり、双方の成長、そして事業の継続性があってこそ社会に貢献できるという、長期的なスパンで考える会社です。次世代の製品作りに、皆さんの若い力を期待しています。

会社名 並木精密宝石株式会社 秋田工場
URL http://www.namiki.co.jp/
業種 製造業
事業内容 コア技術である「切る・削る・磨く」をナノレベルへ進化させ、先端技術との融合により、常に時代を先取りした製品を提供してきました。電力積算計の軸受宝石から始まり、現代ではDCモータ、ダイヤフラムポンプ、サファイア基板等を、通信・半導体・医療等の新たな市場へ供給しています。
資本金 1億円
設立年月日 1953年8月(秋田工場1967年12月)
代表者名 代表取締役会長兼社長 並木章二
本社所在地 東京都足立区新田3-8-22
県内事業所所在地 秋田湯沢工場:湯沢市愛宕町4-6-56
湯沢山田工場:湯沢市山田字福島開372-1
秋田十文字工場:横手市十文字町新田字富沢屋布上207
採用担当者からのメッセージ 秋田工場は湯沢市の誘致企業第1号として約50年もの間、地域と密着しながら成長して参りました。現在は単結晶サファイアの育成から切断、研磨まで一貫した生産を行い、LED用サファイア基板の量産工場として操業しています。
他にも、時計用パーツやマニア向けのレコード針も製造しており、最近では数μm単位のバイオ用途微細穴加工や究極の材料と呼ばれているダイヤモンド基板の製造も行っております。
今後も地域と共に発展し、世界へキーパーツを供給していきます。

こちらのプライバシーポリシーにご同意頂いた上で下記フォームにご入力して頂き、
「この内容で送信する」ボタンを押してください。

d-nishi@namiki.net

必須お名前

必須メールアドレス

必須メッセージ本文

送信先

企業名

送信元URL