Company
アダマンド並木精密宝石株式会社 秋田湯沢工場

トレンドを先取りした世界標準の製品を、オーダーメイドの技術力で開発し続ける。

私たちの事業はダイヤモンドやサファイアなどの素材の育成から、「切る・削る・磨く」の工程を一貫生産する工業用宝石を基軸として、専門性の高い産業分野において、多様なニーズに応えるコアパーツ及び製品の開発、製造に携わっています。

お客様の想いに一つ一つ丁寧に寄り添い、要望に真摯に答える『オーダーメイド技術力』、全自動・機械化では成し得ない「匠の技」を武器に、通信、半導体、ロボット、精密機器、医療理化学と多種多様なニッチマーケットで高い評価を頂いております。

私たちの国内生産拠点は秋田県湯沢市、横手市と青森県黒石市の3か所にあります。日本の東北地方は豪雪地帯であり、長い冬を耐え忍んできた風土と、粘り強い職人気質が育まれてきました。また、奥羽山脈、世界自然遺産の白神山地から流れ込む豊富な水と澄んだ空気は精密加工に適した土地でもあります。営業拠点は、国内はもとより、アメリカ、スイス、シンガポールにあり、量産工場はタイにあります。私たちはグロ-バルネットワークを活かして、日本のものづくりを全世界へとつないでいきます。

小さな島国である日本が、世界有数の経済圏を確保しているのは、創意工夫の積み重ねによる「匠の技」が世界で評価されているからに他なりません。
今後は、微細化・環境対応の要求がますます加速すると予想されます。これらの要求に応えていくために、世界のトレンドを先取りし、常に最先端技術を学びながらお客様から必要とされる技術力を磨いています。

そして、小さな製品の成功を積み重ねていくことにより、様々な企業の発展をさせ、世の中に役立つ製品を広めていくことが私たちの誇りです。

私たちは創業以来の『一社如一家』という考えのもと、社員一人一人がオーダーメイド技術力、生産力、創造力を追求し、社会に貢献する日本のものづくりを推進していきます。そして、日本人の「匠」マインドを継承するという強い使命感を持ち、未来を紡いでいきます。

福利厚生充実 教育研修制度充実 社宅・家賃補助有 産休・育児休暇取得実績有
業種 製造業
事業内容 電力メーターの軸受宝石から創業し、現在では光通信部品、半導体製品、小型モーター、工業用宝石部品、医療機器など様々な製品へと事業を展開しています。培ってきたた「匠の技」で人々のライフスタイルを変えるような製品の開発を進めていきます。

■工業用宝石部品
創業以来の「切る」「削る」「磨く」という固有技術に先端技術を融合した500種類もの精密部品が、医療・半導体分野をはじめとする先端デバイス製品として多く使用されています。

(製品)
時計部品/サファイア製品/ボンディングツール
医療・歯科用精密部品/コアピン
レコード関連部品/巻線ノズル・巻線ガイド 他

■光通信部品
セラミックスの成型技術と超精密加工技術により、マイクロメートル以下の加工を管理し、百万個単位の製品でこの精度を維持し、確実に光を伝えるための接続部分として世界中で製品が使用されています。

(製品)
フェルールスリープ/コネクタ・アダプタ
MEMS/光部品加工・光デバイス・光モジュール

■DCコアレスモーター
世界最小の超小型モーターを開発した技術力で、全世界の医療機器、光学機器、産業機器、小型ロボットといった様々なアプリケーションに貢献しています。

(製品)
1973年の世界最小φ10mmDCコアレスモータの開発以来、Namikiモーターは日本におけるDCコアレスモーター・超小型モーター(マイクロモーター)のパイオニアです。

■モーターユニット
当社のコアテクノロジーである「切る」「削る」「磨く」を駆使した精密加工部品、精密組立技術を融合し、モーターマニファクチャラーである当社ならではのユニークな発想で、最適なソリューション=モーターユニットをご提案しています。

(製品)
ロボット関節用サーボモータ/マイクロメカニズム
特殊ロボットハンド/共同ロボット用エンドエフェクタ

■電池レスIoTソリューション
センサーや無線送信の駆動のための電源供給問題に対し、エネルギーハーベスティングデバイスの開発製造を行い、無電源センシング技術でIoT市場の電源供給の課題解決に取り組んでいます。
電話番号 0183-73-5121
FAX番号 0183-72-3292
創立年月日 1953年8月(秋田湯沢工場1967年12月)
資本金 1億円
従業員数 280名
代表者名 代表取締役社長 並木里也子
事業所本社住所 東京都足立区新田3-8-22
事業所県内住所 秋田県湯沢市愛宕町4-6-56
沿革 1939年 東京都北区神谷町に並木製作所を設立 

     人工サファイアを使った電気計測器用軸受宝石の製造開始

1940年 現在本社のある東京都足立区新田に移転

1946年 戦後、電気計測器用軸受宝石の製造を再開

1949年 時計用ルビー軸受宝石、サファイアレコード針の製造開始

1953年 並木精密宝石株式会社に組織を変更

1957年 時計用軸受宝石部門を分離独立させ、アダマンド商事株式会社を設立

1967年 秋田湯沢工場の操業開始

1973年 世界最小のコアレスモーターの開発に成功

1985年 ポケベル用振動モーターの製造開始

1995年 セラミック腕時計用部品を製造開始

2000年 サファイア基板開発製造開始

2007年 フェムト秒レーザーによる、超微細加工技術の確立

2008年 ガリウムナイトライド研磨技術を確立

2015年 大口径ダイヤモンドの開発に成功

2018年 統合により、アダマンド並木精密宝石株式会社に商号変更

2019年 光干渉式内周面精密測定機 製造開始

2020年 りそな中小企業振興財団・日刊工業新聞社主催 第32回中小企業優秀新技術・新製品賞において中小企業庁長官賞を受賞



URL
企業担当者からのメッセージ 秋田湯沢工場は湯沢市の誘致企業第1号として約50年もの間、地域と密着しながら成長して参りました。「切る・削る・磨く」の固有技術と先端技術を融合した技術を世界へ発信しています。
例えば、携帯電話やスマートフォンのマナーモードで使われるバイブレーションモーターを世界で最初に技術確立したのは当社です。また、アナログ音源の代表格であるレコードを聴くためのレコード針も当社で製造してます。針先には天然のダイヤモンドが使われています。
現在はヘテロエピタキシャル法による大口径ダイヤモンド基板の開発・製造にも取り組んでいます。
ほとんどの社員が湯沢・横手周辺地域から車で通勤しており、各職場ともアットホームな雰囲気で仕事をしていますので、是非インターンシップや工場見学に来て下さい。

インターンシップ受入体制

受け入れ区分 1日 2〜5日 6日以上 見学のみ
大学・大学院
高専・短大
各種専門学校
高等学校
既卒求職者

現在、既卒求職者のインターンシップ及び見学はご遠慮いただいております。

お問い合わせ

こちらのプライバシーポリシーにご同意頂いた上で下記フォームにご入力して頂き、 「この内容で送信する」ボタンを押してください。