秋田県庁

県民の多様な幸せと日本への貢献を目指して
課題の解決や行政サービスの向上に挑戦しています!!

「ふるさと秋田」は、美しい自然や豊かな資源、優れた文化や歴史、郷土色豊かな食など、多くの資源を有する魅力あふれる地域です。一方で、人口減少と少子高齢化の進行や厳しい経済雇用情勢など、短期間では解決が困難な問題に直面しています。こうした問題について県民と認識を共有し、連携して解決策を講じていくため、2022度から県政運営指針として「新秋田元気創造プラン」を策定し、施策を展開しています。

 

「高質な田舎」の実現を目指して

時代の潮流と秋田の可能性を踏まえ、おおむね10年後の「秋田の目指す将来の姿」を、“高質な田舎”(『秋田の原点』である豊かな自然や受け継がれてきた多様な文化に抱かれつつ、これを守り、ここに住む誰もが、一人ひとり自らの素養を磨き、豊かな心を持ってお互いを慈しみ合いながら、新たな産業や文化の創造にチャレンジし、生き生きとゆとりを持って暮らしている姿)とし、その姿の実現に向けて、4つの元気を創造します。

 

元気な秋田を創造する6つの重点戦略を推進中!

県政運営指針「新秋田元気創造プラン」では、特に注力すべき取組を「選択・集中プロジェクト」として位置付けるとともに、6つの重点戦略と3つの基本政策を掲げ、県と県民、企業、市町村等と一体となり、元気な秋田を創造していきます。

 

秋田で働く魅力 秋田県庁にはあります!

6つの重点戦略に取り組む県庁の仕事には、「地域に密着し県民の方と接する仕事と地域の在り方を変える大きな仕事」、「全国に先駆けて課題解決を目指す先進的で創造的な仕事」、「社会を支える必要不可欠な仕事」という3つの魅力があり、皆さんのやる気と能力を注ぐ十分な魅力があります。

  • 福利厚生充実
  • 教育研修制度充実
  • 社宅・家賃補助有
  • 産休・育児休暇取得実績有
業種 その他
事業内容 選択・集中プロジェクト&6つの重点戦略に基づき、
◆労働生産性の向上
◆脱炭素社会に対応した産業の構築
◆デジタル人材の育成
◆産業構造の変化に対応した県内産業の競争力の強化
◆農業の食料供給力の強化
◆「何度でも訪れたくなるあきた」の創出
◆新たな人の流れの創出
◆健康寿命日本一の実現
◆秋田の将来を支える高い志にあふれる人材の育成 などに取り組みます。
創立年月日 1871年(明治4年)8月29日
従業員数 約3,200名(知事部局)
代表者名 秋田県知事 佐竹 敬久
事業所本社住所 秋田県秋田市山王四丁目1-1
URL
平均年齢 42.4歳(行政職・令和3年4月1日現在)
その他の特徴 秋田県職員の具体的な仕事の内容や待遇、採用試験の内容など、まだまだ知りたいことや疑問に思うことがあると思います。秋田県人事委員会事務局ウェブサイトでは、仕事の内容をより深く知ることができる職種ごとの業務概要や若手職員・活躍する女性職員へのインタビュー記事、給与制度・待遇や研修制度の案内のほか、採用試験に関する詳しい情報を掲載していますので、そちらもご覧ください。

お問い合わせ

こちらのプライバシーポリシーにご同意頂いた上で下記フォームにご入力して頂き、 「この内容で送信する」ボタンを押してください。