Company
秋田県庁

企業URL http://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/1295
就業場所 秋田市 能代市 横手市 大館市 湯沢市 鹿角市 由利本荘市 潟上市 大仙市 北秋田市 仙北市 県外勤務有り
賃金の補足説明 試験の種類(大学卒業程度試験、短大卒業程度試験、高校卒業程度試験)や職種(試験区分)によって異なりますので、秋田県人事委員会事務局ホームページでご確認ください。

職務経験等のある方については、修学年数・経歴その他の事項を勘案の上決定されます。
業務内容 ◆事務職

 知事部局の課若しくはその地方機関等、又は教育庁の課、その地方機関若しくは県立学校、市町村立小中学校等の教育機関に勤務して、行政・一般事務又は学校事務に従事します。

◆技術職

 知事部局の課又はその地方機関等に勤務して専門的技術業務に従事します。
雇用形態 正職員
雇用期間 定めなし
学歴 学歴は問いませんが、最終学歴によっては受験できない試験の種類があります。詳細は、秋田県人事委員会事務局ホームページ及び受験する年度の受験案内をご確認ください。
既卒者の応募可否 可:試験の種類や職種(試験区分)により受験資格の年齢要件等が異なります。詳細は、秋田県人事委員会事務局ホームページ及び受験する年度の受験案内をご確認ください。
必要な経験・スキル ◆大学卒業程度試験のうち試験区分「行政BⅠ、BⅡ」

 卓越した実績や経験を持ち、その実績等を得るために培った「粘り強い精神力」、「迅速・柔軟な行動力」、「熱意や意欲」を県政の諸課題に対して発揮できる方を求めるもので、次の2つの区分があります。

 ①行政BⅠ:スポーツの分野において国際又は全国規模の大会で優秀な成績を収めた実績や経験がある方

 ②行政BⅡ:海外留学、青年海外協力隊、高度な社会貢献活動(ボランティア活動、NPO活動)のほか、芸術・文化の分野において国際又は全国規模の大会やコンクール等で優秀な成績を収めるなど、分野を問わず、人に誇れる実績や経験がある方

◆大学卒業程度試験のうち試験区分「行政C」

◆大学卒業程度試験のうち試験区分「土木B」

◆高校卒業程度試験のうち試験区分「土木B」

 県政の発展と組織の活性化に貢献できる次のような方を求めています。

 ①民間企業等における職務経験者:多様化する行政ニーズに応えられる、企業などで培った経験や専門的な知識・能力、民間のノウハウを有する方

 ②公務員経験者:公務員として培った経験等を活かし、即戦力となる方
必要な免許・資格 ◆大学卒業程度試験のうち試験区分「保健師」

 保健師の免許を有する方又は同免許を受験する年度中に実施する国家試験で取得する見込みの方(外国籍の方も受験できます)

◆大学卒業程度試験のうち試験区分「農芸化学」

 次の①、②のどちらかに該当する方

 ①大学等において農芸化学、畜産学若しくは水産学の課程で食品衛生監視員の任用資格が取得可能な科目を修めて卒業した方又は受験する年度の3月31日までに卒業見込みの方

 ②厚生労働大臣の登録を受けた食品衛生監視員の養成施設において、所定の課程を修めて卒業した方又は受験する年度の3月31日までに卒業見込みの方

◆大学卒業程度試験のうち試験区分「動物・食品衛生」

 大学等において畜産学の課程で食品衛生監視員の任用資格が取得可能な科目を修めて卒業した方又は受験する年度の3月31日までに卒業見込みの方

◆大学卒業程度試験のうち試験区分「司書」

 司書の資格を有する方又は同資格を受験する年度中に取得する見込みの方

各種手当 扶養手当、住居手当、通勤手当、期末手当、勤勉手当、寒冷地手当等の諸手当がそれぞれの支給要件に応じて支給されます。
福利厚生 ■職員公舎

 世帯用、単身者用の職員公舎が県内各地域(秋田市、鹿角市、北秋田市、大館市、能代市、由利本荘市、大仙市、横手市、湯沢市)に整備されています。

■健康診断・検診事業

 全職員を対象とした年1回の定期健康診断のほか、人間ドック検診、脳ドック検診、婦人科検診、歯科検診、職員ストレス相談、インフルエンザ予防接種の費用助成などを実施しています。

■職員互助会

 結婚祝金や出産祝金、子の就学・卒業祝金などが給付されるほか、職員及びその家族が県内202か所(H31.4.1現在)の指定保養所を利用する場合に宿泊料金の助成が受けられます。
昇給 あり(年1回)
賞与 あり(年2回:6月、12月)
加入保険等 地方職員共済組合
就業時間 原則として、月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分までですが、交替勤務の場合は別に定める基準により勤務時間が割り振られます。
休日休暇 ■休日

 原則として、完全週休2日制で、土曜・日曜・祝日は休日ですが、一部の施設に勤務する場合など特別の形態で勤務する必要のある職員については、4週間ごとに8日の週休日が与えられます。

■休暇

 年間20日(採用年は15日)の年次休暇や病気休暇、ボランティア休暇・結婚休暇・出産休暇・家族看護等休暇・夏季休暇などの特別休暇、介護休暇などがあります。
転勤 県庁本庁舎・第二庁舎の各部局のほか、県内各地域振興局、県外事務所等への人事異動があります。
採用人数 採用予定人数は秋田県人事委員会事務局ホームページ及び受験する年度の受験案内をご確認ください。
選考方法 筆記試験(教養、専門、論作文)、適性検査、口述試験、身体検査(試験区分「電気」のみ)
選考結果 秋田県庁正面公告板に合格者の受験番号を掲示するほか、合格者には書面で通知します。
採用実績 大学、短大・高校卒業程度試験の合計(試験年度別)

 令和元年度  135人

 平成30年度  98人

 平成29年度 133人
年齢別月収例 職員の経験年数別・学歴別平均給料月額(一般行政職・平成31年4月1日現在)



     経験年数10年   経験年数20年   経験年数25年   経験年数30年

大学卒 260,500円  356,300円  391,800円  400,000円

高校卒 220,000円  311,400円  365,800円  385,800円
主な勤務地 秋田県
採用ステップ ◆第1次試験

 教養試験、専門試験(一部の試験区分を除く。)、論作文試験

◆第2次試験

 適性検査、口述試験、身体検査(試験区分「電気」のみ)
平均勤続年数 21.3年(行政職・平成31年4月1日現在)
平均年齢 42.5歳(行政職・平成31年4月1日現在)
研修 ■役職段階別研修

 新たな役職段階や特定の年齢に達した職員が必要な知識・技能等を修得する研修で、若手職員の場合、新規採用職員研修、3年目職員研修、キャリア開発研修(30歳の職員)などがあります。

■能力開発研修

 特定の役職や年齢に達した職員が必要な知識・技能等を修得する「選択研修(必修)」と、全ての職員が自己のキャリア形成等のために自ら応募して受講する「応募研修」があります。

■派遣研修

 職員が幅広い視野や知識・経験を身につけられるよう、概ね1~2年の期間で、国や民間企業などでの実務研修、他自治体への派遣、大学での派遣研修などを実施しています。
自己啓発支援 在職期間が3年以上かつ勤務成績が良好な職員が、自己啓発(大学等における修学)又は国際貢献活動のための休業を希望し、それが公務に関する能力の向上に資すると認められる場合に3年以内の休業が可能です。
有給休暇の平均取得日数 11日2時間(知事部局等・平成29年1月から同年12月まで)
育児休業取得者数 22人(平成30年度)