Company
アイ・ティー・エックス株式会社

吉岡 翔太朗

Interview インタビュー

「販売のプロとして、自分自身の理想の姿を突き詰めていきたい。」

ドコモショップ尾久橋通り店 店長 吉岡 翔太朗 (よしおか しょうたろう) 【入社3年目】

2019年4月 ITX入社、ドコモショップ草加バイパス店配属

2020年5月 プレマイスター取得

2020年2月 マイスター取得、グランマイスター取得

2020年4月 エースコンサルタント着任

2021年8月 ドコモショップ尾久橋通り店 店長着任

Q

入社を決めた決め手

A

「他責ではなく自責でとらえて考え、行動する」という理念に、強く共感しました。

もともとコンサルの仕事がしたかったので、当社の会社説明会に参加しました。説明会の中で、当社の掲げる『人財育成業』という方針にとても惹かれました。私は学生時代から部活やアルバイトで何か失敗してしまったとき、自分には何が足りないかをつねに考え、行動してきました。そのうえで、当社の考えにある「他責ではなく自責でとらえて考え、行動する」という点に強く共感しました。この会社で努力すれば必ず成長できると思い、入社を決めました。

インタビュー画像:吉岡 翔太朗
Q

仕事のやりがい

A

挑戦を続けた先に成長があり、
その成長がお客様に喜ばれていることがいちばんのやりがいです。

お客様に喜んでいただけることに、非常にやりがいを感じています。当社は若くからなんでも挑戦できる環境と風土があります。指示をされて動くのではなく、自ら考え、行動する社員の背中を押してくれる会社なので、私も高い目標を掲げ、自ら考え、行動しています。挑戦を続けた先に成長があり、成長した結果さらにお客様に喜んでいただけることが一番のやりがいとなっています。この先もっと高い壁にぶつかっても、挑戦し続けて乗り越えていきたいです。
また、当社は学びの環境が整っていて、環境のサポートがしっかりしているので、失敗を恐れずにチャレンジすることができます。指示ではなく、自分から主体的に動いて、その行く先を導いてくれるというサポート環境にあるため、挑戦と成長を続けたいと思っている自分にはぴったりの環境で、この会社に入ってよかったと強く感じています。

Q

失敗と、そこからの挑戦

A

反省→改善を習慣づけることが、自己成長にもつながっています。

努力しても結果がついてこない時期がありましたが、自身の課題や反省点を明確にせず、がむしゃらに行動していることが原因だと気づき、毎日の日報を見つめ直すようにしました。やるべきことを一つひとつクリアしていけば必ず成長できると信じ、自分自身から逃げずに努力を重ね、課題を乗り越えていきました。
いまでも、できることだけをやるのではなく、前回できなかったことをできるようになる、ということをつねに意識しています。反省→改善をつねに意識することで、自己成長につながると思っていますし、それを習慣づけています。
失敗から学び、再び挑戦。そんな毎日を繰り返していくなか、自身の成功体験が、会社全体に優良事例として展開をされることがありました。そのことはとてもうれしく感じ、そこからますます挑戦することが楽しくなり、自身の成長も実感することができました。

Q

今後、挑戦したいこと

A

販売のプロとして、自分自身の理想の姿を突き詰めていきたい。

結果や目先の数字を追い求めるのではなく、日々のプロセスをよくすることを追い求め、努力した結果、新人コンテストで1位となり、1年でエースコンサルタントという役職にステップアップすることができました。
今後はこの「エースコンサルタント」の職を極めたいと思っています。全国でまだ14人しかいない役職で、自分たちが初代になるので、責任とやりがいをとても感じています。エースコンサルタントの役割を会社のなかで重要なものにしていき、接客のプロとして、双方が笑顔で終われる仕事、お客様の役に立てる仕事をしていきたいと思っています。
さらに、会社内ではエースコンサルタントを必要と思ってもらえるようなアイデアの提案、仕組みづくりを掲げていきたいです。
会社自体も、そういう自由なチャレンジを後押ししてくれる環境なので、やりがいを感じています。楽をしたいタイプではないので、「今日も自分、やりきったな」と思えるような満足感を日々感じながら、挑戦を続けていきたいです。

インタビュー画像:吉岡 翔太朗
Q

就活生へのメッセージ

A

仕事を楽しめて、自己努力ができる人と一緒に働きたい

もともと私は、どんな環境であれつねに自身のベストを更新し続けていきたいという思いが強いタイプの人間です。誰かを目標とするのではなく、つねに自分をしっかり持って、自分自身の理想の姿を突き詰めていきたいと思っています。
一緒に働けるならば、自分から仕事を楽しめる人にぜひ入ってきてほしいです。じっと待っているのではなく、前に進む努力をできる人が希望です。もともと私もスマホやタブレット関係に詳しいほうではありませんでしたが、入社してからでも知識はつけられますし、知識云々ではなく、前向きに仕事を楽しめて自己努力ができる人にはぴったりの会社だと思います。

インタビュー画像:吉岡 翔太朗