Company
株式会社池田

管理薬剤師 村田将吾さん【平成25年4月入社】

Interview インタビュー

「秋田県横手市出身の村田さんは、高校卒業後に仙台へ。大学の薬学部で学んだ後、ふるさと秋田で就職しました。現在は店舗の責任者である管理薬剤師として勤務しています。」

管理薬剤師 村田将吾さん【平成25年4月入社】

今後は薬剤師としての技術を磨くだけでなく

店舗を管理する立場として、皆に信頼されるようになりたいです
Q

仕事の内容を教えてください。

A

2016年2月から店舗の責任者である“管理薬剤師”になったばかりです。それまでは患者さんから処方箋を受け取り、薬を渡す薬剤師としての業務が主でしたが、現在は従業員の仕事を評価したり、発注や棚卸し、数字の管理などの細かい事務仕事が増えました。これまで経験したことのない業務なので分からないことが多く、困ったときには先輩に電話して聞いています。

インタビュー画像:管理薬剤師 村田将吾さん【平成25年4月入社】
Q

学生時代はどんなことに熱中していましたか?

A

出身は秋田県横手市です。高校まで地元で過ごし、大学は仙台にある東北薬科大学へ進学しました。勉強の傍ら、バスケットボール部に入り4年間プレーしていました。バスケは今でも続けていて、由利本荘市のチームに所属しています。

 また、居酒屋のアルバイトでは調理や接客を経験しました。お客様と接することでコミュニケーション能力が身につき、今の仕事にも役に立っていると思います。

インタビュー画像:管理薬剤師 村田将吾さん【平成25年4月入社】
Q

秋田に戻ってきた理由と、株式会社池田に入社した理由を教えてください。

A

元々、大学卒業後は秋田に戻るつもりでいました。兄弟が皆県外で働いていることと、実家が近い方が安心感があるからです。また、秋田は人口減少が進んでおり、薬剤師が不足しているため、“自分が秋田で働こう”という思いも強かったですね。

 今の会社を選んだ理由は、社長の人柄に惹かれたからです。よく冗談を言うような明るく前向きな方なので、そんな上司の下で働きたいと思いました。

インタビュー画像:管理薬剤師 村田将吾さん【平成25年4月入社】
Q

仕事のやりがいは何ですか?

A

患者さんに『ありがとう』と言ってもらえることはもちろん嬉しいですし、患者さんと他愛のない話ができることが毎日の力になっています。患者さんと話すことでどんなアドバイスをしたらいいかが分かりますので、日々のコミュニケーションは大切だと思います。一方で、大変なこともあります。以前までは薬剤師としての技術があれば対応できていましたが、管理薬剤師になってからは、数字を意識するようになりました。今後は責任者としてもっと成長していけたらと思います。

インタビュー画像:管理薬剤師 村田将吾さん【平成25年4月入社】
Q

今後の目標を教えてください。また、これから応募される方にメッセージがありましたらお願いします。

A

患者さんや従業員に信頼してもらえるような、立派な管理薬剤師になりたいです。患者さん一人一人とコミュニケーションが取れるような雰囲気づくりをして、アットホームな薬局にしていきたいですね。

 これから応募される方は、秋田は薬剤師の人材が不足しているので、ぜひ秋田に戻ってきてほしいです。秋田でなら、やりたい仕事をしながらプライベートも充実させることができると思います。一緒に地元を盛り上げていきましょう。

インタビュー画像:管理薬剤師 村田将吾さん【平成25年4月入社】

Message 企業の方からのメッセージ

採用担当者:常務取締役<br />
<br />
吉野 恵次さん 常務取締役

吉野 恵次さん

薬剤師としての技術はもちろん

患者さんのことを一番に考えられる人を求めています。

 株式会社池田は、薬局を主とした「ヘルスケア事業部」、農業用資材を扱う「G&A(グリーン&アグリ)事業部」、介護事業や農産物の生産・販売などを行う「ライフサポート事業部」という、人々の“食・健康・暮らし”に密着した事業を展開しています。

 募集職種は、薬剤師と調剤スタッフ(薬局事務)。特に薬剤師は秋田に薬科大がないことと、一度県外へ出た学生の半分が秋田に戻ってこないことから、慢性的に人材が不足しています。ぜひ、やる気があり患者さんに信頼されるような人材に入社していただきたいですね。

 入社後は、新卒の場合は研修室での研修を20回以上行います。現在、国全体が地域包括ケアを進める中で在宅ケアに力を入れており、そういった際の対応も研修で学んでいただきます。その後、総合病院前等での薬局研修で各科を経験していただき、配属が決まります。当社は若い人に仕事を任せたいという方針で、入社数年で管理薬剤師(店舗の責任者)として頑張っていただいています。

 Aターンを検討されている方は、地元を活気づけるためにもぜひ秋田に戻ってきてください。本社のある由利本荘市は県内でも積雪が少なく、山や海もあり自然が豊富。子育て環境も整っています。一緒に秋田を盛り上げていきましょう。