Company
Tianma Japan株式会社

高橋 幸希

Interview インタビュー

「先輩社員紹介」

生産本部 生産技術部   高橋 幸希 (たかはし こうき)

Q

どんな仕事をされていますか。

A

私は秋田工場の生産技術部で、新規の液晶配向プロセスを担当しています。ラインの立上げから携わり、現在はプロセス条件の最適化や、製品試作/量産化への対応などが主な仕事です。またそれ以外にも、製品の歩留を向上させるため、日々異物による不良の解析などを行っています。

Q

だからこの仕事が好き! この仕事のやりがい! を教えてください。

A

生産過程で生じる問題は、常に様々な要素を含んでいます。そのため業務内容は試作品製造のほか、特性評価や不良解析、トラブル対応など多岐にわたります。もちろんはじめは分からないことも多く、部署を問わずアドバイスをいただきながら試行錯誤していました。今でもその繰り返しです。 ですが、だからこそ自分の解析結果が誰かの役に立ったときや、製造に関わった試作品が綺麗に表示されたときにその一つ一つが嬉しく、この仕事をしていて良かったと思えます。自分たちの成果が製品の出来を大きく左右するという緊張感があって、やりがいは人一倍です!

Q

この会社を選んだ理由&会社のここが好き! と言うところを教えてください。

A

大学時代から液晶配向に関わる研究を行っており、技術情報を収集する中でこの会社を知りました。 生産拠点が出身地である秋田県にあったため、地元にも世界に誇れる技術力を持った企業があると知って強く興味を惹かれたことが入社のきっかけです。 実際に入社してみると、先輩方の指導はとても丁寧で、前述のように新規プロセスに立上げから関わることができた上、積極的に設備に触れる機会を与えていただけました。失敗を恐れず果敢に挑戦し、経験を蓄積していける職場だと感じています。 私自身はまだまだ未熟者ですが、これから入社される皆さんとも一緒に見て触って考え、お互いに成長し合えることを楽しみにしています!