Company
横手精工株式会社

半田 修士

Interview インタビュー

「自分が学んできたことをこの会社で活かせると思い、入社を決めました。」

API事業部 開発部 開発課 半田 修士 (はんだ なおと)

Q

仕事内容を教えてください。

A

Unityという開発環境を使用したソフトウェアを開発しています。内容は多岐にわたりますが、主にAndroid向けプラグインや、歩行者専用シュミレータの『わたりジョーズ君』を用いた実験用のプログラムを作成しています。また、『わたりジョーズ君』を用いた実験で得られたデータの解析もしています。

Q

入社前のことを教えてください。

A

秋田大学の水戸部研究室でVirtualReality技術とMotionCapture技術を組み合わせた自転車運転シミュレータの開発に取り組み、高齢者のどのような運転行動が事故の誘発要因となっているのかについて研究していました。

Q

入社を決めた理由、きっかけは何ですか。

A

秋田大学理工学部、院生時代に学んだ事をフルに活かせる職場であると考えたからです。弊社の『わたりジョーズ君』は秋田大学の水戸部教授の研究を製品化したものなのですが、その研究の後継となる研究に取り組んでいたため、弊社のことは知っていました。就活時期になり、自分が学んできた事を活かせる職場を検討したところ、弊社が最も活かせると考えたのがきっかけです。

Q

仕事をしていて大変だったことは何ですか。

A

Unityは学生の時から触っていたのですが、Android向けのプラグインを作成したことはなく、一から学ぶ必要があったので苦労しました。未だ勉強中ではありますが、簡易的なプラグインは作成できるようになりました。ステップアップする良い経験だったと思います。

Q

やりがいを感じるのはどんな時ですか。

A

Unityでデフォルトでは使用できないAndroidの機能を使えるようにするプラグインの作成や、『わたりジョーズ君』を用いた実験で得られたデータの解析にやりがいを感じています。どちらも新しいことを開拓するような業務なので、自分で考えながらプログラミングするのが大変ながらも楽しく感じています。

Q

今後の目標を教えて下さい。

A

通常の業務には慣れてきたので、今後はさらに作業効率を考えながら業務をこなせるよう頑張りたいと思います。

Q

応募者の方へメッセージ

A

弊社は基板実装からソフトウェア開発、アグリビジネスに至るまで幅広い事業を展開している会社で、新しい事に挑戦できる環境が整っています。職場の仲間にも色々なスキルを持った人がいるので様々な事を学べます。新しい事に挑戦するのが好きな人、様々な分野を学びたい人は是非弊社に応募してください。