Company
横手精工株式会社

照井 梨花

Interview インタビュー

「自分が携わった製品が世の中で使われていることを感じるとてもやりがいのある仕事です。」

ME生産部 第1製造課 組立係 照井 梨花 (てるい りか)

Q

横手精工を選んだ理由を教えて下さい。

A

小さい頃からビーズやレジンでアクセサリーを作るのが好きでした。自分の趣味や特技を生かせる仕事をしたいと思い、製造業に絞って就職先を探していたところ、学校の先生に横手精工を紹介され、家からの通勤距離も近いということもあり、入社を決めました。

Q

仕事内容を教えてください。

A

半導体搬送装置内の部品の組立をしています。指示書を確認し、必要な部品を準備して、決められた場所に取り付けていきます。同じフロア内で全ての工程の人が一緒に作業をしているので、自分の後の工程で遅れが出ないように進捗に気を配りながら作業をしています。前日のうちにパーツの事前組立をして、翌日に本体の部品の組立をします。自分の担当の分が終わったら、他の工程の手伝いもします。

Q

やりがいを感じていることはどんなことですか?

A

自分が携わった製品が国内、海外のお客様の元へ届いて実際に稼働していると思うと、責任の大きさを感じると同時に大きなやりがいを感じます。最近嬉しかったことは、先輩に「照井さんが組立ている部品は心臓部分とも言われるとても重要な役割を持っている部品だよ」と教えてもらったことです。プレッシャーも感じましたが、より一層丁寧な仕事をしようと思いました。

Q

仕事をしていて大変なことは何ですか。

A

組立では、数多くの部品を取り扱います。ほとんど同じに見える部品もあり、たまに混乱することもあります。製品ごとに細かく搭載部品が決められているので、1つでも間違えて取り付けてしまうと重大な問題に発展してしまいます。絶対に間違えないように、置き場所を変えたり、袋をかぶせたりすることでミスを防いでいます。

Q

入社してよかったと思うこと・学んだことを教えてください。

A

周りの人とうまくコミュニケーションを取れるようになりました。もともと人と話すのが苦手で、製造業だったら「営業職や接客の仕事よりは人と話す機会が少ないだろう」と考えていました。しかし、実際に入社してみると、思ったよりも周りの人と話す機会が多く、最初は少し緊張しましたが、周りの先輩達が温かく接してくれて今では自分から話しかけることができるようになりました。また、社会人になり自分の普段の話し方を改め、丁寧な言葉遣いができるように意識するようになりました。

Q

入社を考える方へメッセージをお願いします。

A

ものづくりの仕事は自分が携わった製品が世の中で使われていることを感じるとてもやりがいのある仕事です。その一方で、小さなミスでも大きな問題に発展してしまう可能性があるとても責任のある仕事です。最後まで仕事をやり遂げる喜びをこれから新しく入社する方と一緒に共感したいと思います。ぜひ、私たちと一緒に働きませんか?