株式会社バイトルヒクマ 秋田事業所

鈴木 寿樹

インタビュー

「地元秋田で全国に向けたシステム開発を!!」

バイトルヒクマ秋田(秋田事業所) 鈴木 寿樹 (すずき としき) 【入社2年目】

出身校:東京理科大学

1994年生まれ

趣味:レザークラフト、ゲーム

・バイトルヒクマを知ったきっかけ

東京で開催された、秋田県内就職者向けの合同企業説明会に参加したことがきっかけです。
情報系の企業を回る中でバイトルヒクマと出会いました。

・入社の決め手

風通しがよく、自分の意見を発信しやすい環境であることが一番の理由です。そういった環境が整っているというのは魅力的で、そこからフィードバックをもらえれば自身の成長にもつながりますし、その意見が採用されればモチベーションも高まります。

インタビュー画像1:鈴木 寿樹

・どんな仕事に携わっている

現在は大学の学生サポートシステムの開発を行っています。
また、IoTの研究にも取り組んでおり、それを活用して私たちの生活をより快適にすることができないか探っております。

インタビュー画像2:鈴木 寿樹

・今後挑戦してみたいこと

地元で仕事ができる環境に身を置くことができたので、システムエンジニアとしての知識を秋田に還元できないかと考えています。秋田の発展を支えるプロジェクトに参加する機会があれば進んで臨みたいですね。

・会社の雰囲気

やることはやる、けれど緩めるところは緩める、といった感じでメリハリのある職場だと思います。先輩方は気さくな方が多く、まだまだ若手の私にも親身に色々なことを教えてくださるため学びを得やすい環境ですね。

インタビュー画像3:鈴木 寿樹

・趣味やオフタイムの過ごし方

レザークラフトに手を出したりしてます。手先が器用な方ではないので中々大変ですが、ものづくりというのは楽しいですね。型紙の作成(設計)や革の裁断(製造)など、作業工程を考えると結構エンジニアの仕事と似ているところがあるかもしれません(笑)。

インタビュー画像4:鈴木 寿樹

・どんな人と働きたいか

SEとして身につける必要がある能力は決して少なくありません。ですがバイトルヒクマではその土壌は整っているので、目標に向かって粘り強く頑張れる方をお待ちしております!

インタビュー画像5:鈴木 寿樹

1日の仕事の流れ

ある若手SE(1年目)の1日 ↓↓↓
9:30 出社
9:40 メールチェック
10:00 プログラム作成・修正
12:00 昼食
13:00 プログラム作成・修正
17:30 進捗報告・打ち合わせ
18:30 退社

企業の方からのメッセージ

写真:人事総務室:市村、藤原

人事総務室:市村、藤原

IT業界で創業39年となると老舗の方に入りますが、安定した基盤を持ちながら挑戦をし続けているバイトルヒクマです。

業務系SIを得意としており、金融系のお客様を中心にwebシステムの要件定義から設計、開発までを行っています。上流工程から行っている為、技術スキル・業務ノウハウが身に付きやすく成長できる環境が整っています。
また、自社製品(通勤管理)の企画・開発も行っており、20年でのべ100社以上にご利用頂いています。
当社の主役はSEです。
ゼロから技術者を育てられる40年分のナレッジが自慢です。また経営層も元開発者が殆どで、上司との距離が近く、いつでも気軽に相談できますよ!
残業時間も月平均13時間と少ない為、メリハリをつけながら働く事ができる当社で、SEに挑戦してみませんか!