Company
池田ライフサポート&システム(株)

岡田 千波

Interview インタビュー

「その人らしい生活ができるように。
介護士の私ができること。」

ショートステイわかば 岡田 千波 (おかだ ちなみ) 【入社3年目】

出身校:秋田県立大学

Q

介護に関わる仕事をしようと思ったきっかけと、仕事の内容を教えてください。

A

就職は、生まれ育った由利本荘市内の会社を希望していました。食品営業学を学んでいた大学の4年間も、市内の飲食店でアルバイト。ご年配のお客様が多く、常連のみなさまがおいしそうな顔をしているのを見るのがうれしかったのを覚えています。池田への入社を決めたのは、地元の人々の生活を豊かにすることで、人々の幸せと笑顔に寄り添いたかったからです。現在は、ショートステイわかばで、利用者さまの入浴や食事、排泄などの介助をしています。「利用者さま一人ひとりが何を望んでいるのか」「その人らしい生活ができるように」をモットーに生活の支援をさせていただいています。

インタビュー画像:岡田 千波
Q

どんなことに、やりがいや達成感を感じますか?

A

いつもはほとんど発語のない方が、あいさつを返してくれたり、手を振ってくださるとうれしいです。あとは、耳が聞こえない方に、すれ違いざまに小躍りをしたら笑ってもらえたり。小さなコミュニケーションの一つひとつによろこびを感じます。そのためにも必要なのが、利用者さまの身体機能や疾患の状態をきちんと把握すること。どのような疾患のリスクをお持ちなのか、それに対してどう対応していけばいいのかを、日々、観察しながら考えることができるようになりました。どんな風に声を掛ければ、その人が安心できるのかが、だんだんわかるようになってきました。

インタビュー画像:岡田 千波
Q

これから、池田でどんなことをしていきたいですか?

A

地域で暮らすご高齢の方が、町との関わりを持つことで、生きがいを持って暮らせるように支援していきたいと思っています。私たちが、人々の交流できる場所をつくることで、健康で元気に暮らせる地域づくりの一端を担えれば幸いです。まずは、現在、ショートステイにおいて、レクリエーションで身体を動かしながら楽しんでもらうようにしています。

インタビュー画像:岡田 千波

Work schedule 1日の仕事の流れ

7:00 出社。申し送りをチェックし、利用者さまの体調の変化や様子を確認します。
8:00 朝食の配膳から、食事の介助、服薬を行います。
9:00 入浴介助。週に1~2回程度、入浴介助の担当になります。皮膚の状態も確認しながら介助を行います。
12:00 お昼休憩に入ります。
14:00 レクリエーションで楽しんでいただきます。月に2回、セブンイレブンが出張販売に来てくれるので買い物を楽しんでいただく日もあります。
15:00 おやつと飲み物を提供します。おやつは毎日違っていて、みなさん楽しみにしてくれています。飲み物はお一人お一人好きなものを選んでもらいます。
16:00 退社。