古河林業株式会社 秋田工場  

古河林業は、100%国産材にこだわった「国産木造注文住宅」の営業・設計・施工管理を行い林業経営をルーツに持つ数少ないハウスメーカーです。

古河林業の自社工場として木造建築にとって非常に重要な木材の継手・仕口・ホゾと呼ばれる部分をコンピューター式全自動機械で加工し、短時間で高精度の構造材加工を実現しています。当社が採用するプレカットシステムは、品質のばらつきを防ぎ、スピーディーに、安定した供給体制を整えております。もちろん、信頼性の高い精密な仕上がりの為、注文住宅など、一邸一邸異なるお客様のニーズに的確にお応えすることが出来るのも、当社ならではの特長です。
  • 有休取得率高
  • 教育研修制度充実
  • 社宅・家賃補助有
  • 産休・育児休暇取得実績有
  • 資格取得支援制度有
業種 製造業
事業内容 1.住宅骨組部材の生産・販売(プレカット事業)
2.住宅建築設計(二級建築士事務所)
電話番号 0186-78-4257
FAX番号 0186-78-4259
資本金 1億円
従業員数 22名(会社全体230名)
売上高 89億円
代表者名 代表取締役 古河潤一  (秋田工場長 藤島勉)
事業所本社住所 東京都千代田区大手町2-6-4常盤橋タワー
事業所県内住所 秋田県北秋田市上杉字金沢101-54
沿革 1875年(明治8年) 古河市兵衛が新潟県の草倉銅山の経営を始める
1877年(明治10年)
icon yamachi「やまいち」の商標を制定する
栃木県足尾銅山の経営を始める
1885年(明治18年) 精錬用の薪炭の自給の為に鉱山備林の伐採跡地に植林開始
阿二銅山の経営権を取得
1903年(明治36年) 古河潤吉が家督を相続
1905年(明治38年) 個人経営から会社組織に変更、古河鉱業会社とする
古河虎之助が社長就任
1911年(明治44年) 商法改正により古河合名会社と改称
1913年(大正2年) 林業部を創設
1917年(大正6年) 陸奥宗光伯爵邸宅跡地に古河邸を建築、本家を移転(旧古河庭園)
合名会社古河鉱業会社と改称
1925年(大正14年) 宮城県七ヶ宿に山林を取得
1929年(昭和4年) 合名会社古河林業部として独立、古河虎之助が社長就任
1940年(昭和15年) 古河従純が社長就任
1951年(昭和26年) 古河林業合資会社と改組・改称
1967年(昭和42年) 古河林業株式会社と改組・改称
1968年(昭和43年) 古河久純が社長就任
1973年(昭和48年) 住宅事業を開始
1990年(平成2年) 秋田県北秋田市にプレカット工場を設立
2008年(平成20年) 三重県、ウッドピア松阪協同組合と共に三重の木利用促進宣言に調印
三重県大紀町に山林を取得
2009年(平成21年) 宮城県七ヶ宿町の自社林がフォレストック認定(森林のCO2認定・生物多様性認定)を受ける(平成27年認定期間満了)
2010年(平成22年) 古河潤一社長就任
秋田県から表彰される
2017年(平成29年) 「ウッドデザイン賞2017」において、当社参画の二つの官民協働プロジェクトが受賞
2017年(平成29年) 新しいプレカットの機械導入による新ラインが完成し、増産体制を確立
2019年(令和元年) 「令和元年度 第58回 全国林業経営推奨行事」において、七ヶ宿林業所が農林水産大臣賞を受賞
2021年(令和3年) 本社を東京都千代田区丸の内から東京都千代田区大手町(常盤橋タワー)へ移転
URL
平均年齢 平均44歳
その他の特徴 当社は、古河機械金属、古河電工、富士通、横浜ゴム、みずほ銀行など、523社にのぼる企業により形成される古河グループの中核企業です。グループ各社との緊密な連携のもと、信頼性の高い快適な住まいづくりをしています。
企業担当者からのメッセージ 当社の強みである、国産材100%にこだわった家づくりによる完全自由設計の住宅のニーズは高く、本格木造住宅を求める首都圏のお客様、地元のお客様から安定した受注を頂いております。ウッドショック、コロナ禍など変化が激しい時代ですが、今まで構築したサプライチェーンより好業績を維持しており、これからも安定して社員が働ける会社です。
明治時代から現在に至るまで、国土の1/6000の自社林を有し植える・育てる・伐る・活用するをおこなって参りました。昨今、話題のカーボンニュートラル、SDGsを140年前から脈々と実践し、築いてきた森林総合企業として、これからも地球環境、地域社会への貢献、そしてお客様の快適な住まい造りを共に築いて参りましょう。

インターンシップ受入体制

受け入れ区分 1日 2〜5日 6日以上 見学のみ
大学・大学院
高専・短大
各種専門学校
高等学校
既卒求職者

お問い合わせ

こちらのプライバシーポリシーにご同意頂いた上で下記フォームにご入力して頂き、 「この内容で送信する」ボタンを押してください。