古河林業株式会社 秋田工場  

原 寛弥

インタビュー

「古河林業は、国産材100%にこだわった完全自由設計メインの住宅会社です。自社工場と自社林を保有している、森林総合企業だからこそのやりがいがある仕事が生まれます。」

監理課 CAD担当 原 寛弥 (はら ひろや) 【入社3年目】

出身校:東京電機大学大学院

入社3年目で念願の二級建築士に合格しました。

趣味は旅行で、休日は秋田の美味しいものを食べ歩いています。

森林総合企業だからこその、やりがいがある仕事が生まれます。

入社のきっかけはなんですか?

私は進路を決める際に設計の仕事がしたいと思い、大学の建築学科に進学しました。大学生活を送り講義を受講する中で、木造住宅の設計をメインの仕事にしたいと強く思うようになり他社のハウスメーカーと比較した上で、古河林業の木にこだわる仕事に強く魅力を感じ入社を志望しました。

インタビュー画像1:原 寛弥

どのような仕事をしていますか?

住宅の補足材のCAD入力業務を主におこなっております。自由設計で1棟ごとに仕様が違います。間取りや仕様が違えば納まりも違うため、それに気を付けながらCAD入力をおこなっております。先輩の指導を受けながら、日々勉強の毎日です。
また、お客様自らが秋田の阿仁の自社林にて大黒柱の伐採ツアーをおこないます。その際に工場の案内をしておりますが、古河林業の家を選んで頂いたお客さまですので木にこだわる我々の仕事に非常に関心を持って頂けます。自然と説明にも力が入ります。

インタビュー画像2:原 寛弥

やりがいを感じる時はどのような時ですか?

直接お客様と接する機会は少ないですが、家づくりはチームでおこなっております。同僚からの仕事に関する感謝の言葉は励みになりますね。プレカットの設計は住宅の理解を深めなければ仕事に支障が出ます。前よりもスムーズに出来たなど、自分自身、成長が感じられる時もあり、そこにもやりがいを感じます。

インタビュー画像3:原 寛弥

今後の目標はなんですか?

秋田に来てから、職場のサポートにより2級建築士に合格することが出来、資格手当もUPしました。プレカットの世界は非常に奥が深く、日々の業務で知識と技術を吸収しながら1級建築士を目指したいと思います。

インタビュー画像4:原 寛弥

1日の仕事の流れ

8:00 出社、事務所の清掃、一日の作業予定の確認後、CAD入力業務開始
10:20 10分休憩
10:30 CAD入力作業継続、各営業所からの注文などの取りまとめ
12:00 50分 昼食休憩
12:50 CAD入力作業継続、製造オペレーターとの打ち合わせ
14:20 10分休憩
14:30 CAD入力作業継続、集荷の担当もしており、ドライバーとの打ち合わせ
17:00 業務終了
17:30 退社