Company
株式会社 三木設計事務所

佐藤 芳樹

Interview インタビュー

「街の【水道】や【下水道】って誰がプランニングしているんだろう?
ゼネコンさん? メーカーさん?
いえいえ、専門の【水コンサルタント】が、いるんですよ。」

設計1課 佐藤 芳樹 (さとう よしき) 【入社2年目】

出身校:秋田県立大学システム科学技術学部 建築環境システム学科(本荘キャンパス)

入社一年目で「2級建築士」を取得しました。

【水とくらしを守る水コンサルタントになろう】
Q

1年間働いて見てどうですか?

A

 私は平成30年4月1日に新卒採用で入社して2年目になりました。
 大学では建築を学んでいたため、水道事業に関しては何も分からない状態の私でしたが、先輩方が一から丁寧に指導してくれるので、少しずつ仕事が理解できるようになり、人々のライフラインを支えるこの仕事にやりがいを感じるようになりました。
 当社の業務は専門性が高く、学校等で学ぶ機会もあまりない分野なので、仕事をやっていけるかと不安を抱く人もいるかと思いますが、先輩方が本当に丁寧に教えてくれるので、安心して入社して頂ければと思います。
 同年代の人たちが次から次へと秋田を離れていきますが、地域にある会社だからこそできる仕事があると思います。地域貢献の観点から言えば大企業にも負けない仕事ができると考えています。秋田に、地元に貢献したいという方、ぜひ一緒に働きましょう。

インタビュー画像:佐藤 芳樹
Q

秋田県に水道はいくつありますか?

A

■1969(昭和44)年度に1,397箇所あったものが、1989(平成元)年度には914箇所、2017(平成29)年度で318箇所になっています。広域化の進展により約半世紀で1,000箇所以上の小規模施設が統廃合されました。
■水道は、主に給水人口規模によって上水道、簡易水道、専用水道及び小規模水道に区分されます。

インタビュー画像:佐藤 芳樹
Q

秋田県の人口、給水人口、給水普及率は?

A

■県内人口は、1969(昭和44)年度に124万人だったものが、1980(昭和55)年度の125.2万人をピークに減少に転じ、2017(平成28)年度には、100万人を割り込み、2018(平成29)年度には、98万になっています。若者の県外流出や少子高齢化の進展により約半世紀で26万人減少しました。
■また、給水人口と給水普及率は、1969(昭和44)年度に79万人・63.6%、1999(平成11)年度の105万人・88.6%をピークに給水人口は減少に転じ、2018(平成29)年度は、90万人・91.8%になっています。現在も約8%の水道未普及があります。

インタビュー画像:佐藤 芳樹

Message 企業の方からのメッセージ

採用担当者:草皆 次夫【技術士:上下水道/総監】 草皆 次夫【技術士:上下水道/総監】

【社員ファーストの就業環境を目指しています】

 今年度の目標に社員ファースト(給料がよくて、休暇が取得できて、将来に希望の持てる会社づくり ※建設業の新3K)を掲げました。社長就任後の2年間で、ノー残業デー、資格取得、インフルエンザ予防接種及び人間ドック(35歳以上)費用の100%助成などを実現しました。現在、技術職と営業職を募集しております。水コンサルタントに興味をお持ちの方は、短期のインターンシップも行っておりますので、是非ご連絡下さい。