株式会社秋田住宅流通センター(賃貸仲介、賃貸管理、不動産売買、リノベーション提案、現場管理)

高橋 恭平

インタビュー

「今日も全力対応!」

賃貸営業部駅東口店 高橋 恭平 (たかはし きょうへい)

出身校:山形大学

住まい探しの手助けをし、地域に人々のために頑張っています。先輩社員から、時には厳しいメリハリのあるアドバイスを受けながら、お客さまのニーズをしっかりと理解して提案を行っています。

出会いは秋田県主催のオンライン合同説明会でした

たまたま見つけたオンラインイベントに参加しました。大学でのフィールドワークで街づくりにかかわったことがきっかけで、空き家問題に興味があり、不動産関係の仕事をしたくて就職活動をしていました。その時のオンライン合説では他社の説明には参加せず、1社に絞っての参加でした。

オンライン合説に参加してみて、「秋田住宅流通センター」の印象はいかがでしたか

会社説明の内容よりも、社長の雰囲気や人柄に惹かれて採用選考への参加を決めました。

入社の決め手となったのはどんなところでしたか

やはり社長の人柄です。他社の説明会には数社参加してはいましたが、採用選考は秋田住宅流通センター1社に絞っていました。

入社の前後で感じたイメージの違いはありましたか

入社前までは漠然と「接客・営業」といったイメージでしかありませんでした。住まいを紹介する業務なので、お客さまと親しく接客を進めていくイメージを持っていました。
いざ、やってみると、初めのうちは自分でもわかるほどに硬い接客で、おそらくお客さまも「硬い人だな…」と思っていたのではないかと思います。それも、慣れとともに抜けて、今では程よい緊張感を持ちながらもリラックスした気持ちで接客ができるようになりました。

インタビュー画像1:高橋 恭平

入社後に取り組んだ主な業務を教えてください

まずは第一に「物件を覚える」ことです。他には空室の写真を撮りに行ったり、お客さまにしお部屋を紹介するための物件資料を修正し、差し替えを行いました。
物件を覚えるためには自分で物件に足を運ぶしかありませんが、車の運転がとても苦手だったので初めはとても苦労しました。道もなかなか覚えられず、泣きそうになりながら物件に行くこともありました。苦手だった運転は、毎日挑戦することで徐々に慣れました。空室の写真撮影では、部屋を広く見せること、暗く見えないようにすることを意識しています。また、最初のうちは物件資料に記載するおススメポイント等のコメントがすぐに浮かばず苦戦しました。これも、たくさんの物件を見るうちに初見の印象や周辺の環境などをうまく表現できるようになりました。

インタビュー画像2:高橋 恭平

初めて契約が取れたときのことを教えてください

最初の契約は、ほとんどの場合アパートの契約となることが多いのですが、私の場合は家族で住むための貸家の契約でした。飛び込みでいらしたお客さまだったのですが、内見後に「決めます」と言っていただけたときは嬉しかったです。それと同時に契約がうまくできるかの不安もありました。貸家の場合は設備等の確認事項がアパートの場合に比べ多くなります。先輩社員にたくさん質問と確認をしながら進めました。お客さまの優しさにも助けられながら、無事に契約を進めることができ、大きな自信へと繋がりました。

インタビュー画像3:高橋 恭平

失敗談を教えてください

案内の最中に物件の場所がわからなくなり、迷子になってしまいました。幸いにもお客さまが秋田市内の地理に詳しい方だったので、助けていただきました。ほかにも自分の確認不足で契約内容と異なる内容を伝えてしまい、先輩社員に指摘されたことがあります。それ以来、お客さまにご迷惑をかけることのないよう、念入りに確認を行うようになりました。必ず先輩社員に確認をしてもらっています。特に金銭関係の間違いは許されません。領収証や見積書などは特に注意をしています。

業務を行う上で大切にしていることを教えてください

お客さまの大切にしているポイントや重要視している部分を、しっかりと聞き取りして確認することです。どんなにおススメの物件であっても、こちらの主張だけではお客さまに聞いていただくことができません。接客の中で「譲れないポイント」を確認することで提案もしやすくなりました。

インタビュー画像4:高橋 恭平

今後の目標を教えてください

不動産に関する知識を、もっとたくさん身に付けていくことです。勉強すればするほど、知識を得ることができるので、宅地建物取引士や賃貸不動産経営管理士などの資格取得にも積極的に挑戦していきます。

学生の皆さまにメッセージをお願いします

どんなことにでもチャレンジ精神や意欲なしには楽しくありません。「働く」上で大切にしてほしいのは、挑戦すること、探求心を持つことです

1日の仕事の流れ

8:50 出社
9:00 清掃、案内準備、メール確認
10:00 お客様への物件案内、契約手続等
12:00 休憩
13:00 お客様への物件案内、契約手続等
16:00 物件資料作成、空室確認
17:00 資料確認、翌日の準備
18:00 退社

企業の方からのメッセージ

写真:代表取締役社長 北嶋 暢哉

代表取締役社長 北嶋 暢哉

管理戸数 秋田№1!!
感謝を忘れず「人と人、人と街を結ぶ」

 人と人、人と街を結ぶ会社として、人々の暮らしを支え、より快適な住空間を提供し続ける企業でありたいというのが、弊社の創業以来の原点です。そして、秋田で「暮らす」、秋田を「楽しむ」、秋田で「働く」をキーワードに、「ありがとう」があふれる喜びを追及しています。
 日本は、世界一高齢化が進んだ国と言われています。秋田県は特に高齢化が深刻です。貴重な高齢者データは、主要IT企業では分析できないデータの一つ。それは資産背景、事業承継計画、家族情報など、直接面談しなければ得られない情報です。そのデータの宝庫が弊社の事業基盤ですので、社員全員が資産のコンサルタント、資産管理のプロを目指しています。
 お客様はもちろん、社員も含め弊社の成長を支えてくださっている多くの方々に対して、常に感謝の気持ちを忘れない企業でありたいと努めています。楽しい暮らしの提案を通し、共に感動をつかみ取りましょう!