Company
能代運輸株式会社

きみまち営業所 藤田潤一(事務主任) 秋田港運事業所 佐藤浩二(通関士)

Interview インタビュー

「 AターンOB紹介 」

きみまち営業所 藤田潤一(事務主任) 秋田港運事業所 佐藤浩二(通関士)

Q

どんな仕事をしていますか?

A

きみまち営業所
<藤田潤一>
 
 当営業所には林業、運送、チップ製造の3つの部門があり、
それぞれの部門に対して事業における成果物の作成や運行・
整備管理、在庫管理などといった管理業務を行っています。
 また、各部門における業務を手法の変更やシステム構築で
効率改善を図る生産技術に似たような業務も行っており幅広
く仕事をさせてもらっています。

インタビュー画像:きみまち営業所 藤田潤一(事務主任) 秋田港運事業所 佐藤浩二(通関士)
Q

入社のきっかけは?(秋田で働く理由)

A

 高校を卒業してから県外の大学へ進学し、県外の企業へと
一度就職しましたが、大学時代から「最終的には秋田に帰る
んだ」と思っていました。
 その中で実家から通勤できて、多少の経験があった事務系
の求人があったのを見かけ応募したところ採用が決まり入社
しました。

インタビュー画像:きみまち営業所 藤田潤一(事務主任) 秋田港運事業所 佐藤浩二(通関士)
Q

仕事のやりがいはどんな時に感じますか?

A

 当社は総合物流企業として多種多様な業務を取り扱って
います。それに伴い管理すべき点も多種多様で新規案件の
発生もあることから一から物事を作り上げていったり日々
違うことに取組んでいけることにやりがいを感じています。


インタビュー画像:きみまち営業所 藤田潤一(事務主任) 秋田港運事業所 佐藤浩二(通関士)
Q

当社へ就職を希望する後輩へのメッセージ

A

 当社は業界未経験者が多くいますが、指導や教育が充実
しているので皆が短期間で担当する業務を修得していきま
す。やる気があれば何の心配もありません。
 職場の雰囲気も和気あいあいとしていて働く環境として
は非常に良い所だと思います。
 私たちと一緒に地域社会から信頼される企業、そして、
グローバル社会に対応できる総合物流企業を目指していき
ましょう。

インタビュー画像:きみまち営業所 藤田潤一(事務主任) 秋田港運事業所 佐藤浩二(通関士)
Q

どんな仕事をしていますか?

A

秋田港運事業所
<佐藤浩二> 

 通関という業務をしております。
 輸出入者(商社等)に代わり輸出入時のさまざまな手続き
を税関との間で行うのが通関の仕事です。
 税関長の許可を受けて通関業を営む者(会社)のことを通関
業者といいます。輸出入申告手続きは非常に煩雑で、法律等
の専門知識が必要とされます。
 通関業務で「HSコードを分類する」という作業があります。
輸出入する物品には国際条約に基づいて定められたHSコード
という固有分類番号があります。関税を決めるために欠かせ
ない番号です。
 輸出や輸入対象となる商品は星の数ほどあり、その製品が
一体何であるのかHSコードを分類するのは容易ではありません。
 どの分類のものか分からないと関税を決めることもままな
らず貿易上支障をきたすことになります。HSコード分類はと
ても難しく、いつも悩まされてます。

インタビュー画像:きみまち営業所 藤田潤一(事務主任) 秋田港運事業所 佐藤浩二(通関士)
Q

入社のきっかけは?(秋田で働く理由)

A

 東京では現在と同じ職種の仕事しておりました。
 兄姉みんな東京にいて「いつかは秋田に帰らないと」と
思っていた時、家庭の事情で秋田に帰らないといけなくな
り秋田に戻ってきました。
 正直戻ってくるのは嫌々でしたが、秋田に帰ってきて結婚
でき子供も産まれたので良かったのかなと思っています。
 能代運輸で働きたいと思ったきっかけは、能代運輸のHPに
米殻検査員という農水省認定の公認検査員が生産された米に
ついて品位及び成分等を検査している写真を見て「自分もお米
の検査員」になりたいと思い能代運輸を選びました。
ですが、今でも米穀検査員にはなれていません。。
 いつか取得できるよう頑張ります!

インタビュー画像:きみまち営業所 藤田潤一(事務主任) 秋田港運事業所 佐藤浩二(通関士)
Q

仕事のやりがいはどんな時に感じますか?

A

 通関はデスクワークだけではありません。申告後、税関
検査となり寒い中貨物をコンテナから出し、税関が貨物を
確認をする検査で長時間対応する時もあります。
 検査が大変だったり、申告するまで苦労した貨物が許可
になった時は安堵します。
 1つの案件にはたくさんの部門・人が関わり、時には協
力し合い、それぞれが業務に責任を持って仕事をしていま
す。それぞれが責務を果たし、チームワークで依頼された
仕事を無事にやり終えた時、お客様が満足していただけた
時は達成感と喜びを感じます。
 お客様だけでなく同僚でも誰かを笑顔にさせることがで
きた時は嬉しいです。

インタビュー画像:きみまち営業所 藤田潤一(事務主任) 秋田港運事業所 佐藤浩二(通関士)
Q

当社へ就職を希望する後輩へのメッセージ

A

 「貿易実務」というと専門的な知識がないとできない
のではないか?と思われるかもしれませんが、私は貿易
に関する知識がゼロの状態から通関業者で働き「通関士」
という国家資格を取得することができました。
 能代運輸秋田港運事業所の社員には、貿易知識・経験が
なく入社し、仕事をしながら業務・知識を身に付けて活
躍している方が多いです。
 能代運輸にはいろんな仕事がありますが新しいことに
チャレンジしてみようと思っている方には仕事がしやす
い環境だと思いますし、たくさんの先輩方がフォローし
てくれます。
 何か始めることに遅いことはないと思います。人生い
つでも今日がスタートです!!

インタビュー画像:きみまち営業所 藤田潤一(事務主任) 秋田港運事業所 佐藤浩二(通関士)