Company
東光コンピュータ・サービス株式会社

公共営業課 課長 佐々木 基さん【入社9年目】

Interview インタビュー

「 大館市の本社で営業職として働く佐々木さん。秋田県内の高校を卒業後、千葉県の大学に進学し、就職と同時に帰秋。入社9年目の現在は、地元大館に念願のマイホームを建て奥様と2人のお子さんと共に暮らしています。」

公共営業課 課長 佐々木 基さん【入社9年目】

仕事のレベルアップはもちろんですが

ヒューマンスキルも成長できる会社です。
Q

入社のきっかけと、仕事内容を教えてください。

A

高校時代、ちょうどインターネットが普及し始めた頃にパソコンに興味を持つようになり、システム系の大学へ進みプログラミングを勉強しました。

 就職活動時もSEを志望したのですが、社長との面接の際に「君はSEよりも営業の方が向いているよ」と言われ、思いがけず営業の道へと進むことになりました(笑)。もちろん戸惑いもありましたが「せっかくだから与えられた場でやってみよう」と、現在に至ります。

 公共営業課は、市役所をはじめとした自治体関係への営業が中心。例えば住民票を発行するためのシステム構築など、行政関係に向けた提案をしています。

インタビュー画像:公共営業課 課長 佐々木 基さん【入社9年目】
Q

秋田に戻ってきた理由と、秋田の好きなところを教えてください。

A

生まれも育ちもずっと大館。地元が好きなので「いずれは戻りたい。それなら、初めから地元で就職しよう」と決心しました。同じ会社に長く務めたいという気持ちもありましたから。

 秋田の好きなところは、人のあたたかさですね。都会では近所とのコミュニケーションがほとんどなく寂しさを感じていました。それから、自然の豊かさも魅力的です。趣味のアウトドアを思う存分楽しめますし、子育てを考えたときに、大自然の中でのびのびと育てたいという思いがありました。

Q

実際に働いてみていかがですか?

A

社長の言う通り、やはり自分には営業が合っているな、と思います(笑)。大学時代にイベント系のサークルで幹事をしていたのですが、その経験を活かしてお客様に企画・提案しています。営業以外にも、社内イベントで幹事を任されることも多々あります。春はお花見、夏は納涼会、秋は運動会、冬は忘年会など、何かとイベントの多い会社ですので、社員同士のコミュニケーションが深まりますよ。

インタビュー画像:公共営業課 課長 佐々木 基さん【入社9年目】
Q

会社の魅力は何だと思いますか?

A

業務に関する教育だけではなく、ヒューマンスキルを重視している点ですね。それを象徴しているのが朝礼。毎朝、規律や道徳に関する記事が掲載された「職場の教養」という本を全員で輪読し、それぞれ感想を述べるんです。仕事以外に、ひとりの人間として大切なことを学べます。

 それから、希望すれば外部研修にも参加できます。営業に関する研修はもちろんですが、人材育成など自分にとって身になる研修には積極的に参加しています。成長できる場が豊富に用意されている会社ですね。

インタビュー画像:公共営業課 課長 佐々木 基さん【入社9年目】
Q

仕事のやりがいと、今後の目標を教えてください。

A

ニーズに合った提案をして、受注、SEによる開発、納品という一連の流れが完了し、お客様に喜んでいただいた瞬間が一番うれしいですね。

 数字に追われている間は大変ですが、達成すると会社から達成賞をもらえます。頑張れば頑張った分だけ、評価してもらえる。それがやる気につながっていると思います。

 目標は、自分のチームが皆同じクオリティの仕事をこなせるような環境を作りたいです。夢は老後にキャンピングカーを買って日本一周すること。妻と一緒に、さまざまな土地を回りたいですね。

インタビュー画像:公共営業課 課長 佐々木 基さん【入社9年目】
Q

これから応募される方へメッセージをお願いします。

A

先述の通りヒューマンスキル教育を重視し、人間的に成長できる職場です。社員同士がお互いに感謝の気持ちを書き表す「ありがとうカード」という制度もあり、対人関係や倫理道徳まで、業務以外に大切なことが学べます。社内イベントも盛りだくさん。ぜひ一緒に楽しく仕事しましょう。

インタビュー画像:公共営業課 課長 佐々木 基さん【入社9年目】

Message 企業の方からのメッセージ

採用担当者:管理本部 常務取締役<br />
<br />
長谷部 哲(あきら)さん 管理本部 常務取締役

長谷部 哲(あきら)さん

やらされているという感覚では成長できません。

自分から「覚えたい」「身につけたい」

という気持ちが大切です。

 コンピュータ機器及びシステムの販売を主体とした我が社ですが、資格や技術は入社後に勉強していただければ大丈夫。それよりも大事なのは、営業もSEも、お客様が何を必要としているのかを聞き出し提案する力です。また、都会とは違い秋田では講演会や講習会に参加する機会が少ないので、新しい情報に触れる機会を積極的に増やすことが必要となってきます。

 求める人材は、社会人としての常識があり周囲の意見を素直に聞き入れることができる、明るく素直な人。昨日よりも今日の方が進歩できるよう、成長したいという前向きな気持ちが大事です。

 また、少子化対策や長期育児休暇の取得など、女性が働きやすい職場づくりにも積極的に取り組んでいます。皆さんのご応募お待ちしております。